【都市伝説】泉の広場に現れる赤い女について考察【心霊】

f:id:sumaapu0:20180602113222j:plain

 今回は、大阪に存在する泉の広場の都市伝説を取り上げていこうと思います。

 

泉の広場に現れるという、「謎の赤い女」

 

一体、正体は何なのでしょうか・・・?

 

 

泉の広場の赤い女

 

 この都市伝説が囁かれるきっかけとなった元スレを見てみましょう。

 

 208: あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/06/21 10:59 

三年近く前、泉の広場のところで、ヘンな女がうろついていた。
通勤の帰りによく見かけた。

三十前後で、赤い色のデザイン古そなドレスっぽい服着てて、小柄で、
顔色悪く目がうつろ。髪は背中近くまであって、伸ばしっぱなしに見えた。
目立つ服の色となんか独特の雰囲気があって目がいってしまう。
でも怖い(キ印っぽい)感じして、
何気なく観察はしても目はあわせんようにしてた。
女はいつも広場の中をうろうろしてた。

地下出口出たとこの何本か外れた飲み屋筋に
立ちんぼのねーちゃんの多い場所があって、
そこのねーちゃんかな?と思ってた。
ある日の仕事帰り、広場内の薬局の店頭で
コスメの安売り見てた。私は買い物するの時間かけるほうで、
そん時も多分一時間近く店にいたと思う。
その夜も女は広場をうろついていて、
いつものことなんで特に気にとめてなかった。

でも、店から出た時、視線感じて顔上げると、
広場の真ん中の噴水を隔てて、女がこっち見てた。
なんかヘンな感じがした。私は目が悪くて、眼鏡かけてても
少し離れた場所だと相手の顔とかよく見えないのに、
女は妙にくっきり見えたんよ。3Dみたく。

目があった途端、気持ち悪くなった。
何か本能的に怖くて、びしぃ!とチキン肌立って。

(うわ、ヤバい)(でも何が?)

自分でも思考回路謎のまま、それでも反射的に
店内に戻ろうとしたけど、金縛りかかったみたいに身体が動かん。
助け求めようとして声すら出ないことに気付いた。
いつもふらふら歩いてるはずの女が、すっと素早く近寄ってくる。
明らかに普通じゃない様子で、髪振り乱してドレスの裾ゆらしてこっち来るのに、
誰も気付いてくれない。

もの凄い顔で笑ってて、その表情の怖さにふーっと気が遠くなった。
だって、目のあるとこ、全部黒目にかわってるんやで。
怖い、もうあかんって思ったときに、
いきなり誰かが後ろからぎゅっと腕を掴んできた。

驚いて顔上げる(ここで身体の自由が戻った)と、男の人で、
話しかけようとしたら「静かにして」って小声で注意された。
呆然として顔見上げてると、男の人はますます手をぎゅーっと
握ってきて、怖い顔で前を見てる。吊られて視線戻したら、
女がすぐそばに立ってて、男の人を呪い殺しそうな目つきで睨んでた。
すごい陰惨な顔してて、怖くて横で震えてたけど、
女はもううちのことは眼中にない感じで、

「…………殺す……」

って、つぶやいて、男の人の横をぶつかるみたいに通りすぎて店内に入ってった。

男の人はその後、私をぐいぐい引いて、駅構内までくると、
やっと手を離してくれた。
駅が賑やかで、さっきあったことが信じられんで呆然としてると、
「大丈夫か?」って声かけてきたんで、頷いたけど、
本当はかなりパニクってたと思う。相手の名前聞いたりとか、
助けてもらった?のにお礼言うとか、まともにできなかった。

男の人は改札まで見送ってくれた。
別れ際に、「もうあそこ通ったらあかん」
とか言われて、

「でも仕事あるし」
「命惜しかったらやめとけ」

答えようがなくて黙ってると、

「今日は運よかったんや。あんたの守護さんが俺を呼んで
あんたを守ってくれたんやで」

「………………」

「たまたまやねん。わかるか?
あんたが助かったの、たまたま守護さんがわかるもんが、
たまたまそばにおった、それだけやで。あいつにとり殺されたくなかったら、もう通らんとき」

(守護さんって何やのん。守護霊のことか?)

霊なんて見たことなかったから、自分の体験したのが何なのか
わからなかった。(正直、今もわからない)
女はどう見ても生身の人間に見えた。
それで返答に困ってると、その人は私に何度も一人で通るなよと繰り返して、
行ってしまった。

未だにアレが何だったのかわからない。
私は二ヶ月後、そこの仕事場辞めたけど、その間夜は泉の広場は一度も通らなかった。
男の人も、女も共に謎。
男の人の名前、聞いて置けばよかった。助けてくれたんなら(今も半信半疑だけど)お礼言いたかった。
反面、かつがれたんかな?と思わなくもない。(でも目的は何さ?)
すっきりしない。

始め、この体験談大阪の心霊スポットスレにカキコしようかと思ったけど、
霊体験かわからないんで(だってあんなリアル幽霊ってありか? どう見ても人間に見えた)、
こっちにしました。かつがれたならそれはそれで不可解な話(藁
ということで。
少しだけ後日談があるけど、これもすっきりしない話なんで、
はしょります。
長くなって、スマヌ。

出典 5ちゃんねる

 

長くて申し訳ないですが、簡単に説明します。

 

泉の広場で赤い女を見てしまったが、謎の男に助けられた。

その後も赤い女は泉の広場に立っている。

 

泉の広場は地下街に位置していて、中央に噴水があるんですが、そのせいかジメジメしてて不気味な雰囲気なんですよね。

 

幽霊が出てもおかしくない場所なのかもしれません。

 

その他の目撃談

  そもそも、似たような話なんていくらでもありますよね。

 

なぜこの話だけこんなに有名になったのでしょうか。

 

それは、目撃者が多いからなんです。

 

というか、多すぎます。

 

全部引用するとコピペブログと化すので、僕が適当にまとめてみました。

 

以下、こちらのまとめサイト様を参照させていただきました。

 

 

・変な男と赤い女

よく行くニューハーフの店で聞いた話だが、泉の広場で人を待っていると、明らかにおかしい女がいる。

その後、普通じゃない雰囲気の男が出てきて、その女を引っ張っていった。

 

・黒い目の赤い女

ある夏の日、泉の広場から怪談を上がってすぐのコンビニで立ち読みしていた。

ふとガラス越しに外を見ると、真っ赤なコートを着た女が近づいてくる。 

不気味だったので、雑誌を読むことに集中した。

さすがにもういないだろうと、また外を見ると、無表情で真っ黒な目をした女が目の前に立っていた。

 

ドコモショップに来店する赤い女

待ち合わせの時間まで暇だったので、ドコモショップでカタログを読みながら時間を潰していた。

すると、真っ赤なロングコートを着た女が入ってきた。

その女は、肩が当たるくらいの距離まで近づいてくる。

横から自分のカタログを盗み見しているな、と思ったので睨んでやろうと振り返った。

振り返ると、女は雑誌を見ているのではなく、こちらの顔をじっと見ていたのだった。

その女は、白目が全くなく、真っ黒な瞳をしていた。

 

その他にも、多くの目撃情報が寄せられています。

 

考察

 

  それでは、この女の正体を考察していきましょう。

 

ここで、特徴をまとめてみます。

 

・赤い女の特徴

  1. 赤い服を着ている(ドレス、コート)
  2. 一目で、明らかに雰囲気がおかしいと分かる。
  3. 目が真っ黒である。
  4. 泉の広場だけではなく、周辺の店にも出現する。
  5. 見てしまうと取り憑かれる危険性がある。

さて、ではいくつかの説を立てて考えていきましょう。

 

・女は幽霊説

 恐らくみなさんも、この女は幽霊なんじゃないかと思いますよね。

 

ここで、幽霊である根拠を挙げていきましょう。

 

・目が悪いのに、その女だけはっきり見える。

 

 一番目の話を見てみると、

私は目が悪くて、眼鏡かけてても
少し離れた場所だと相手の顔とかよく見えないのに、
女は妙にくっきり見えたんよ。3Dみたく。

という記述があります。

 

赤い女は目が悪くてもはっきり見えてしまうのです。

 

明らかに普通の人ではないですね。

 

・目が真っ黒である。

 

 どの目撃情報を見ても、目が真っ黒だった、と書いてあります。

 

入れ墨ならありえる話ですが、日本人でしかも目に入れ墨なんてさすがにありえないでしょう。

 

うーん・・・これは幽霊だな!

 

さて、女の特徴から、明らかに人間ではない点が明らかになりました。

 

しかし、なぜ女は霊になったのでしょうか。

 

よくありがちですが、泉の広場で何か事件や事故があったのかもしれません。

 

 

泉の広場が完成したのは1970年代のようです。

 

それ以前の歴史を辿ってみましたが、幽霊が出る原因となるものは見つかりませんでした。

 

一体、赤い女は何が目的なんでしょうか・・・?

 

・女は精神異常者説

 この説に関して、有力な話を見つけました。

 

めちゃくちゃ長いので、僕が要約して書いておきます。

 

(参照は先程のまとめサイト様からです。)

 

9月初旬、残暑のひどい暑い日だった。

私は、買い物をするために元彼と梅田に行った。

近くのトイレ付近で、長い髪と、真っ赤な口紅をした女を目撃した。

雨も降っていないのに、傘を手首にかけ、手首の部分がひどく汚れたコートを着ている。

女の様子を見て、精神を患っているのではないかと直感した。

横顔だったが、女の目は黒目ばかりのように見えた。

女は目を必要以上に見開いていたため、そのように見えたのかもしれない。

その後、二度と泉の広場へは近寄っていない。当時のトイレは取り壊されているらしい。

 

その後、スレ住民へ返信(そのまま部分的に引用)

 

オカ板だし書こうかどうしようか迷ったんですけど。
この「アキちゃん」って実在の人物だと思います。
私が見た時それを確信しました。

ただ、明らかに正常な精神状態の人ではない。これは確かです。
ただね、表情というか顔つきがもうこの世のものとも思えないくらい
コワイ。キレイな顔立ちしてるんですけど強烈なお化粧と目をがっと
見開いて薄笑いしてる。

目が悪い人とかがモノを見るとにじんでみえるじゃないですか?
だからあの目が黒目だけに見えたのかなぁ?と。
彼女が目撃されたのはざっとスレを読み返してみて1999年から
今年の春くらいにかけてですよね。こんなこと書いちゃなんですが
精神病院に保護されたのかなぁと。

 

ちなみに、アキちゃんとは、赤い女の名前です。スレ内ではそう呼ばれているようですね。

 

このレスを見ると、赤い女は1999年~2005年春に出現していて、その後は目撃情報が途絶えていることが分かります。

 

ちなみに、このレスをした方は精神科で看護師をしていらっしゃるようですね。

 

赤い女は、濃い化粧で、不気味な格好をしているという、非常にインパクトが強い見た目をしています。

 

目が悪くても、はっきり見えたような錯覚をしてしまったのかもしれません。

 

黒目に関しては、「目を必要以上に見開いていたのでそのように見えた」というような記述があります。

 

僕自らが鏡の前で検証してみましたが(ちょっと恥ずかしかった)、黒目が大きく見えるので、確かにそのように見えるのも頷けます。

 

精神異常者であれば、目撃情報のようなおかしな行動も納得できますよね。

 

まとめ

  泉の広場に現れる謎の女。

 

正体は人間だったのでしょうか?

 

ネット上では検証動画やら記事が多数報告されていますが、いずれも目撃したという情報はありませんでした。

 

どうやら、2005年以降、目撃されていないというのは本当のようです。

 

赤い女は、今どこで、何をしているのでしょうか・・・?

 

もしかしたら、どこか違う場所にいるのかもしれません。

 

 

 

【都市伝説】泉の広場に現れる赤い女について考察【心霊】” に対して2件のコメントがあります。

  1. ラクスマン より:

    この話は横浜にいたメリーという娼婦に似てますね。こっちは実在ですけど、全身白い服を着てたという人です。もしかしたら元ネタかもしれませんね。

    1. thetuburo より:

      情報ありがとうございます。
      確かに似た事例ですね。
      これが元ネタとなった可能性は大いにあると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。