2020年1月29日 記録・真相を考察

今回はYouTubeに投稿されている奇妙な動画について調査していきたいと思います。

動画化もされていますので、こちらもぜひ!

2020年1月29日 記録

YouTubeの奇妙な動画を調べてほしい、というリクエストを頂きました。

その動画というのが「2020年1月29日 記録」というタイトルの動画です。

一部グロいシーンが出てくるので、閲覧注意です。

動画の概要欄を見ると、文字化けしているような文字列が書かれており、意味不明です。

一部、投稿者の返信もあるようですが、こちらも文字化けしていたり、「招待状」という謎の一言も残っています。

そもそも「2020年1月29日 記録」とはどういう意味なのでしょうか?

今回は、この動画についてできる限り調べていきたいと思います。

考察

さて、みなさんはこの動画の中で見たことがある映像はありましたか?

まずは、動画内にある映像で、元ネタが分かるものを紹介していきます。

最初はこちら。悪魔のような見た目の男性が映し出されますが、こちらは「吸血鬼ノスフェラトゥ」という映画が元ネタです。

次に串刺しにされた男性ですが、2009年に公開された「Tormented」という映画にあるワンシーンです。

このシーンはかなりグロいシーンですが、映画のジャンルはコメディーとなっています。

全体としてはそんなに怖くなさそうです。

次にこちらのシーンですが、首だけの女の人が手だけの存在に髪をいじられているというなんとも不気味なシーンです。

こちらは2012年に公開された「The Capsule」という映画のワンシーンで、他にもこんな感じでシュールな生物が出てくるようです。

次に、こちらのシーンです。これはよく怖いgif画像として貼られることが多いので、見たことがある人も多いかもしれません。

実はこれも映画が元ネタらしく「The Poughkeepsie Tapes」という映画のワンシーンです。公開されたのは2007年ですね。

連続殺人犯のビデオを800以上発見したという設定があり、恐らくこのシーンはそのビデオの一本だと思われます。

実は、他にも元ネタが判明している映像がいくつもあります。

さて、こんな感じで今回の動画はほとんどが映画の不気味なシーンを集めただけのものだと判明しました。

この動画について調べている時に気がついたのですが、実はこのチャンネルでアップされる以前から全く同じものがYouTubeに存在していました。

こちらは2015年にアップされた動画ですが、「Horros short film」というタイトルで、全く同じ内容の映像がアップされています。

この方がオリジナルというわけではなく、同じような怖いショートムービー詰め合わせの動画がこの時期に複数アップされています。

元ネタはほとんど海外の映画なので、作成したのは日本人ではなさそうですね。

このことから、今回の動画は丸ごと転載されたものであることがわかります。

「2020年1月29日 記録」というなんとも意味深なタイトルでアップされていますが、不気味さを演出するためのもので、特に意味はないのかもしれません。

2020年1月29日 記録・真相を考察” に対して3件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    概要欄はshift-jis→utf-8に意図的に化けさせてて、
    「動画みてくれてありがとう君が何を言おうと許さない
    僕の恨みは消えない」
    と書いてあるようです

    コメント欄の方も同様に
    「招?は受け取りましたか腐ったあ?ら?洗い流そ(一部変換できず)」
    のようです

  2. 匿名 より:

    1つ目の動画の元ネタは「ノスフェラトゥ」ではなくて「死霊伝説」ですよ

  3. 匿名 より:

    ポキプシーテープの続きを検索して見てみたら、例の四つ足の怪人にやられる人、
    おっさんだとばかり思ってたが実はおばさんだった事に衝撃を受けたw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です