【都市伝説】ベトナム帰還兵が口々に言う「ラジールカが来る」の正体とは

f:id:sumaapu0:20181106160540j:plain

 今回は、とある怖い話についての記事です。

 

戦争から帰ってきた兵士が、PTSDを患って自殺してしまう、という話はよく聞きます。

 

しかし、自殺者の中には奇妙なことを言っていた者がいました。

 

ジールカ

 

 ベトナム戦争の帰還兵は、ノイローゼになったり、鬱病になってしまい自殺するものが多かった。

 

それほど激しい戦争だったことが分かるだろう。

 

しかし、その中でも奇妙な遺書を残して死ぬ者がいた。

 

その者たちの遺書には決まって「ラジールカが来る」と書かれている。

 

ジールカが何を意味しているのかは今も分かっていないが、そのような遺書を書いていた者は、全員ベトナムのとある山岳に従事していた者だった。

 参考

 https://ranpo.co/article/6239365871064584193

http://nazoooo.blog.fc2.com/blog-entry-204.html

 

  非常に不気味で恐ろしい話です。

 

この話の最も怖い部分は、ラジールカが何なのか、調べても情報は一切出てきません。

 

噂によれば、新兵器の名前だとか、ベトナムに住む生物だとか、いろいろありますが、真相は不明です。

 

僕もいろいろ調べてみましたが、全く分かりませんでした。

 

考察

 

・ラジールカとは?

 検索しても出てこないということは、政府による情報規制がされている可能性があります。

 

いや、冗談です。

 

恐らくこの話を作った人が考えた造語でしょう。

 

日本語だけでなく、綴りを何度か変えて英語で検索しましたがそれっぽい情報は出てきません。

 

海外の話なのに、日本だけで流行っているのはなぜでしょう?

 

・元の話

 いろいろ探してみましたが、恐らく元の話はこれです。

 

55 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/08/27(月) 16:11:44

id:wdZ6MP6p0

ベトナム戦争の戦死者よりも、帰還後の自殺者の方が多いのは有名な話である。
しかし自殺者の6%が「ラジールカが来る」と騒いで自殺している事は、あまり知られていない。
彼らが戦時中、拠点となる山を奪うための作戦に参加している事までは確認されている。
現地の住人も「ラジールカ」が何なのか分からず、今も不明のままであるという。

信じようと、信じまいと─

 

http://ende.s53.xrea.com/netlore/Nameless-9.5/

 

これより古い時間に書き込まれているものは見つかりませんでしたので、これが初出である可能性が高いです。

 

さて、最後に「信じようと、信じまいと─」と書かれており、少し独特な構成になっています。

 

これは、「ネットロア」と呼ばれており、このような形式で奇妙な短編を作っていこうというスレが2ちゃんねるにあります。

 

その証拠に、この書き込みのIDで検索してみると他にも怖い話を投稿していることが分かります。

 

つまり、話自体が創作なので、ラジールカの情報なんて出てくるはずもないです。

 

まとめ

 

 短くまとめられているのに、不気味さが引き立っている秀逸な作品だと思います。

 

ネットロアで検索すると、似たような話が出てくるので、こういうのが好きな方はぜひ見てみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。