首の長い少年・真相を考察

今回は、とあるMVに映り込んだ謎の子供について調査していきたいと思います。

動画化もされていますので、こちらもぜひ!

首の長い少年

2010年にMVがYouTubeにアップされており、現在は2900万再生もある有名な曲です。

結婚式で使用される定番ソングとも言われるほどでしたが、一つだけ怖い噂が存在します。

MVに不気味な子供が映り込んでいるという噂があるのです。

問題のシーンは映像の中盤、メンバーが街を歩いているシーンがあるのですが、その背後にご注目ください。

道路の真ん中に、ぼーっと立っている子供のような人影が見えるのです。

さらにはこの子供、異様に首が長いのです。

今回は、このMVに映り込んだ子供の正体について調べていきます。

考察

この件、コメントでも結構指摘されています。

さて、それでは背後に映る子供は一体何だったのか、考えていきましょう。

もう一度、該当シーンを確認しますが、確かにこの子供だけなんだか不自然に見えるんですよね。

このシーン、メンバーの一人が歌っているシーンなのですが、その前にも別のメンバーが歌っています。

少し気になったのが、子供が映るときだけ何故か微妙にシーンが切り替わるんですよね。

一度目は道路に子供はいませんが、二度目に切り替わったところで、子供が現れます。

恐らくここで、何らかの理由でカットが入ったと考えられますが、一体なぜなのでしょうか。

さて、切り替わったシーンについて見ていきます。

どこに注目するのかというと、歩いている場所です。

電柱と近くにある屋根を基準に見ていきます。

最初のシーンはここになります。

一度目にシーンが切り替わると、場所も移動していることがわかります。

先程の電柱がかなり遠くなっています。

そして二度目にシーンが切り替わったところですが、ここで子供が道路に立っています。

で、ここで注目したいのが、歩いている場所が一度目に切り替わったシーンよりも戻っているのです。

ということは、最初のシーンと二度目のシーンというのは、恐らく連続して撮影されたものだと考えられます。

しかし、何らかの理由で通して流せなくなり一度シーンが切り替わって、別に撮影したシーンが挿入されています。

その理由というのが、子供が許容できない範囲で映り込んでしまったからではないかと考えます。

最初のシーンをもう一度見てみると、一瞬だけここに子供らしき人が顔を出しています。

単に道路を横切っただけかと思ったのですが、何とピースまでしているのです。

その後に一度目のシーン切り替えが入りますので、恐らくさらに子供がカメラにアピールをしてしまったのでしょう。

で、二度目のシーンで、別撮りではない元のシーンに戻りますから、子供も近くにいます。それが背後に映った子供ですね。

立っているだけであれば映り込んでいるのも許容範囲だったのでしょう。

首が長くなっていることに関しては、光の反射だと思います。

というわけで、謎の子供については偶然撮影中に映ってしまった映りたがりの子供である可能性が高いと思います。

首の長い少年・真相を考察” に対して6件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    エキストラの子役の可能性もありますね〜
    自由に動いてと指示されたけど、ちょっとはしゃぎ過ぎてカットされたとか

  2. 匿名 より:

    映りたがりのわりにはピクリともしてないのが不気味
    2秒間全く動かないというのは子供にしてはおかしいような……

  3. 匿名 より:

    スタジオパークからこんにちはに映った首の長い人を思い出した
    あれはそういう病気の方だろうけど

  4. 匿名 より:

    TENNさんの亡くなり方と相まって怖いんだよね

  5. S より:

    グラビアアイドルも腰のくびれを細くみせるために同じ方法使って撮影してる

  6. 匿名 より:

    ピースしてるの見つけるのすごいです!

S へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。