ドラえもん「行かなきゃ」・真相を考察

今回はドラえもんの都市伝説「行かなきゃ」について調査していきたいと思います。

YouTubeに動画化もしていますので、こちらもよろしくお願いします!

行かなきゃ

ドラえもんにはいくつかの都市伝説があります。

「タレント」や「アニマル惑星の謎の声」などなど。

今回は「行かなきゃ」をご紹介しましょう。

深夜、テレビをつけると何故かドラえもんが放送されていた。

しかし、いつものドラえもんとは異なった雰囲気だった。

ただひたすら、主人公であるのび太が歩いている。

あの明るいBGMもなく、無音だった。

じっと画面を眺めていると、のび太が歩みを止めた。

彼の目の前には階段のようなものがある。

そこでのび太がかすかにこうつぶやいた。

「行かなきゃ」

彼はそう呟くと、上へと再び歩みを進めた。

すると、画面はフェードアウトし放送終了時間に流れるカラーバーが表示されるようになった。

この件について、目撃証言が相次いる。

確かにこの不気味な放送を見た人が、複数にいるのだ。

その証言を照らし合わせると放送日がわかった。

1996年9月23日の深夜。

実はこの日に作者である藤子・F不二雄氏が亡くなっているのだ。

この都市伝説、結構有名だと思います。

内容的にも怖いですが、目撃者が複数人いるというのもまた不気味です。

考察

放送日が1996年ということで、だいぶ昔から存在していた都市伝説だと思っていたんですが、意外と歴史は浅いです。

初めて「行かなきゃ」について言及されたのは2chのスレです。

「ドラえもんに詳しいやつちょっと来い」というスレで、スレ主がこのような話を投稿しています。

これが「行かなきゃ」の始まりです。

ネットには多くの目撃証言がありますが、恐らくこれが最古の書き込みだと思われます。

スレ内でもだいぶ騒ぎになりまして、色々な説が飛び交いましたが真相はわからずでした。

初めはスレ主の釣りだと思ったんですが、書き込みを追っていくと釣りではなさそうなんですよね。

ただ、スレを建てる前に、別スレでこのようなネタレスを書き込んでいます。

そういう人物だと考えれば、釣りなのかもしれませんが、今回は本当にみたという前提で考えてみます。

まず藤子・F・不二雄氏の命日に放送されたというのは考えにくいと思います。

アニメを作成し、放送するのは事前に準備が必要で、亡くなる日を知っていなければできないことです。

ですので、1990年代あたりに似たようなものが放送されていた可能性があります。

アニマル惑星のワンシーンがかなり近いようでしたが、スレ主いわく可能性は低いとのことでした。

私が探した中で最も有力だと思ったのは、CMです。

ドラえもんが薄暗い部屋の中で、「さて行かなくちゃ」と話してタケコプターで飛び去っていくシーンがあります。

その後に実写の藤子・F・不二雄氏が部屋に入ってきて「ドラえもん!」と呼ぶシーンがあり、このCMが元ネタになったのではないでしょうか。

CMでは、のび太ではなくドラえもんですが、放送日は1993年なので、記憶が曖昧になっていると考えればありえる話だと思います。

情報をまとめると、スレ主の釣りの可能性は少なからずあるということ。

そして「行かなきゃ」を連想サせるCMが1993年に放送されたことから、釣りか、似たような放送を勘違いしたのか。

2つが考えられます。

他にも、これが近いんじゃないか、実際に見たことがあるという方情報いただけると幸いです。

ドラえもん「行かなきゃ」・真相を考察” に対して1件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    藤子先生が死去された時の記念?映像が元ネタだと思われます。
    藤子先生(のびた)が行かなきゃ、といい天国のような所へ行くという映像を確実に見ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。