動かすと死ぬ呪いの柱・真相を考察

今回は、アンビリバボーで放送されたことがある「呪いの柱」について調査していきたいと思います。

動画化もされていますので、こちらも是非!

呪いの柱

1999年2月11日に放送されたアンビリバボーで、「動かすと死ぬ石」というものが紹介されました。

どのような石なのかというと、アメリカのジョージア州に存在する柱の形をした石です。

街の中にポツンと立っている、高さ約3メートルほどの柱で、この柱を触っても動かしても「悪いことが起こる」と言われているとのこと。

実際に番組で紹介された写真がこちら。

どうやら歩道に立っているらしく、歩く人の邪魔になっています。

しかし、昔から立っているにも関わらず呪いの噂のせいで撤去されないというのです。

どうやら、過去にこの柱に関わった人間の多くが死亡しているらしいのです。

このように、昔からこの柱に纏わる恐ろしい噂が囁かれ、やがて触れる人はいなくなってしまったのです。

考察

1999年に放送された回ということで、覚えていらっしゃる方はいますかね?

さて、この柱について情報をまとめていきます。

詳しい所在地ですが、アメリカ・ジョージア州のオーガスタ市ブロード通りにあります。

地元でも「Haunted Pillar」、呪われた柱として有名なようです。

現地にはこの柱に関する看板も設置されており、そこに詳しく書かれていました。

この看板を読むと、ここには市場があり1829年に火事で損害を受けるものの市場は再建されます。

しかし、1878年に起きた嵐によってまた破壊され、唯一残った柱を当時の市民が現在の場所に移動したらしいです。

また、柱に纏わる呪いについてはあくまで「地元の言い伝え」だと書かれており真偽は不明です。

さて、所在地も分かっているということで、実際にグーグルマップから見てみましょう。

近くにあったお店はすでに閉店しているようですが、柱は…

ありません!!!!!

これは2019年に撮影されたものなので、柱が立っている時代に戻ってみると、どうやら2016年にはまだ存在しています。

2017年には存在しないので、どうやらこの間になくなってしまったようです。

調べてみますと、どうやら事故によって壊れてしまったとのこと。

写真がこちら。

そういえば、20世紀にもこの柱に突っ込んだ車がおりまして、亡くなられているという噂もあるんですよね。

呪いは健在だったというわけでしょうか。

事故についての報道がありましたので、確認しましょう。

2016年に12月に、2台の車が事故を起こしその1台の車が柱に激突しました。

しかし、幸福なことに事故が起きた2台の車に乗っていた人は無事でした。

事故にあった人はこう話しています。

「その柱は幽霊が出るといわれているのは知っている」

「でも、その柱が私達の命を救ってくれたんだ」

もしあの柱がなければ、事故の衝撃で大怪我を負っていたか、最悪亡くなっていたかもしれなかったのです。

今まで多くの命を奪ってきたといわれるこの「呪いの柱」、最期は命を救ってくれたのでしょう。

余談ですが、柱の近くで50年居酒屋をやっている男性によると、柱が道路に近すぎるために、何度か移動したことがあり、その時は特に何も起こらなかったと話していたそうです。

動かすと死ぬ呪いの柱・真相を考察” に対して7件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    なんか感動的

  2. 匿名 より:

    柱「か、勘違いしないでよね!あなたを救うために砕けたわけじゃないんだから!」

  3. kensaku より:

    なんか関係ないんですがジェフザキラーのコラ元画像が貼られているサイトがありますhttps://pholder.com/r/originaljtkimage/

    1. 匿名 より:

      パソコン蛾ぶっ壊れた

  4. 匿名 より:

    日本にもこういう触ったら障られる系のオブジェクトあるし、つぶろさん現地行って蹴っ飛ばしてくる系の調査してみてほしい

  5. 匿名 より:

    昔話みたいなオチ

  6. チラ裏 より:

    座ったら死ぬ椅子ことバズビーズチェアを思い出し検索してみたところ
    おそらく作り話にタブロイド紙が便乗した結果有名になったものであるということがわかりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。