「真夏の絶叫映像」の黒い影・真相を考察

今回は、とある心霊番組に映った謎の人影について調査していきたいと思います。

動画化もしていますので、こちらも是非!

トンネルに立つ影

去年の夏の話なのですが、7月14日に「真夏の絶叫映像」が放送されました。

その番組で、心霊スポットであるトンネルに向かうコーナーがありました。

タレントがそのトンネルに向かい、各々で映像を撮影してみるのですが、途中で光の玉のようなものが撮影されたり等

普通のトンネルではなさそうな雰囲気で番組は進んでいき、ある時、同行していた住職の方が「白いモヤが見える」と話します。

向こう側に白いモヤが見えるということだったのですが、ここでカメラがその方向へ向けられると、謎の人影が立っているというのです。

それがこちら。

はっきりと立っているのが見えますね。

このシーンは、結局住職が指摘した白いもやの映像を見せて終わってしまいました。

結局、真相は不明のままでしたが、この人影は誰だったのでしょうか…

考察

たしかに謎ですね。

なぜか真ん中に立っているだけというのがまた不気味に思えます。

場所が心霊スポットだと紹介されているだけに、非常に怖いですね。

さて、このシーンですが本当に人が前方にいなかったのか?という疑問がありますね。

まずは、このコーナーの出演者について調べてみます。

こちらがタレント枠の方々ですね。

出演したのは上記の通りで、5人います。

で、白いモヤが映ったシーン前後を確認するとカメラマンが二人ほどと、住職の方が一人おりました。

で、このシーンを確認すると、タレント5人とカメラマン2人は近くにいることがわかります。

その後、カメラが切り替わり西村さんがスマホで撮影しながら近づいて行くシーンで例の人影が映ります。

ここのシーン、的場さんが「あそこだよね?」と言った声が入っていますので、白いモヤが指摘されてからすぐ回されたカメラです。

後方にいたカメラマンが前に移動する時間はないですので、ちょっと不思議です。

ですがこの人影の正体はやはり、例の如くスタッフだったのではないかと考えています。

スタッフがいたことを証明するために人影の隣に居たこの人物に注目して見ましょう。

こちらの人物は、光源が見えてますので、明らかにカメラを向けて撮影していることがわかります。

そもそも、カメラマン二人以外にもスタッフがいたのでしょうか。

このシーンばかり見ていて、私も見落としていたのですが、潜入時のシーンでぞろぞろとスタッフが入っていってます。

恐らくカメラマン二人の他に三人いますね。

このスタッフが立っていた可能性が高いと思われます。

で、この二人は何をしていたのかというと、これは推測ですが西村さんが撮影した体の映像を撮っていたのだと思います。

この西村さんの映像、白いモヤが撮影されていたということで、視聴者にわかるような映像でなければいけません。

一応、スマホで撮影しようと歩いているシーンは映っていますが、一発で白いモヤがわかりやすく撮れているとは限らないです。

そのため、スタッフがスマホをかざして同じ様な映像を撮影しようとしていたところが映ってしまったのでは?と考えられます。

その証拠に、番組内で出てくる「西村カメラ」の映像に、二人は映っていないんですよね。

あの時、西村さんが撮影したものではないことを証明しています。

このことから、白いモヤの検証中のスタッフが映り込んでしまったというのが真相ではないかと考えます。

「真夏の絶叫映像」の黒い影・真相を考察” に対して1件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    立ち方に違和感があって、変な感じですね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。