奇妙な看板・真相を考察

今回はネットで話題になった奇妙な看板について調査していきたいと思います!

動画化もされていますので、こちらも是非!

奇妙な看板

2018年7月、岡山に奇妙な看板があるとネットで話題になりました。

実際の写真がこちら。

「沖縄独立まであと1106.12km」という謎の文言が大きく表示されています。

他にも「楢崎梨花子さんと東儀くんは知人か?」とも表示されているようですが、全くの意味不明です。

さらに、警察官が集まっているところを撮影した写真や、どこか指差ししている写真なども表示されていたようです。

岡山の早島町の2号線沿いにあるサイネージらしいのですが、かなり多くの人が目撃しており、長い時間表示されていたと思われます。

一説によれば、特定の人物しかわからない暗号とも言われており、真相は今もわかっていません。

考察

かなり不気味な広告ですよね。

特に沖縄独立のあれ、どういう意味なんでしょうね。

さて、まずはこの巨大ディスプレイについて調べてみましょう。

2018年当時、スレ内でディスプレイを設置したと思われる会社が特定されています。

「O社」という会社です。

特定された経緯について説明します。

このディスプレイ広告について言及しているブログが発見されました。

アメブロを運営していたようですね。

このディスプレイ広告についての記事が2点ほどあったようです。

「看板設営」と「ビジョンのテスト運行」という記事があったみたいなのですが、どうやらこの騒動があった直後に広告に関する記事がなぜか削除されてしまったようです。

このため、O社がアメブロにどのような内容の記事を書いていたのか、詳しい内容はわかりません。

とりあえず、設置した企業がわかったので、この企業について調べていきます。

この看板を設営したO社について調べてみると、過去にハローワークにて求人を出していたとスレに書かれていました。

今はすでに削除されておりますが、求人サイトに「幹線道路沿いに設置した大型ビジョンで放映する企業広告等を募集する業務です。」と書いています。

そして、この会社について国税庁の法人番号公表サイトで調べてみました。

会社が設立されたのは平成27年でした。

その後、令和3年に会社名が変更されています。

変更後はH社となっており、検索してみると公式ページが見つかりました。

トップページには例の看板の写真が掲載されており、まだ広告主を募集しているようです。

この広告システムについても書いていました。

動画のアップロードから全て広告代理店にやってもらうプランと、動画のアップロードから全て自分でやってしまうという2つのプランがあり、料金は15時間貸し切りで前者が4万、後者が3万ほどです。

このシステムから分かるのは、広告主が後者のプランを選んでしまえば、自身の好きな動画をアップロード出来てしまう可能性があることです。

「全てお客様にやっていただく」と書かれているので、もしかすると企業側はノーチェックで好きな動画を流せてしまうというわけですね。

今回、このような意味不明な映像が流されてしまったのは、悪意のある人物がこのシステムを利用した可能性があります。

ですが、調べていくうちに不可解なことが判明しました。

騒動後は変な広告が出ないようにチェックしているかと思ったのですが、現在に至るまで、意味不明な広告が表示されることがあるようです。

また、公式ページの制作事例をみると、桃太郎の画像はこの企業がサンプルとして作成したものを流していたようです。

桃太郎も実際に広告として出ていました。

意味不明な広告を出すことを、企業側が許容しているのか、もしかすると自身で流していたのか。

どちらの可能性もありそうです。

政治的な文言や、不謹慎な広告もあったようなので、イタズラであればやりすぎのような気もしますね…

奇妙な看板・真相を考察” に対して1件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    ざつぶろさんに是非イカ心霊写真の真相を突き止めていただきたいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。