恐怖画像「女賢者」・真相を考察

※閲覧注意です。

今回は、「女賢者」で検索すると何故か出てくる恐怖画像について調査していたいと思います。

動画化もされていますので、こちらも是非!

女賢者

それでは早速見ていくのですが、今回ちょっとインパクトが強い画像なので閲覧注意です。

こちらが例の画像になりますが、「女賢者」で検索すると何故か出てくるとして有名になりました。

検索してはいけない言葉としても有名で、wikiには「ドラゴンクエストの女賢者の中に混ざって眼力の強い女の白黒画像が出てくる」と書かれています。

ちなみに、現在だと大元の画像は削除されているようで、転載サイトが下の方にヒットするだけになっています。

このキーワードについて解説するサイトを見てみると、どうやら女賢者の画像を貼るスレで、この画像が貼られていたことから、グーグルの検索に引っかかてしまうらしいです。

考察

それでは、この画像の初出を調べていきましょう。

既に削除されているということで、見つけるのは難しいかなと思ったんですが、削除される前に、この画像を調べてみたという動画を発見しました。

この動画を見ると、削除される前はどのように表示されていたのかを見る事ができます。

こんな感じで、検索するとすぐに例の画像が表示されていたようです。

何も知らずに検索すると、さすがに驚きますよね。

「ドラクエⅢの女僧侶は最高の美人の・・・」という文言とともに、この画像がアップされていることがわかります。

手がかりになるのは、下にある画像のURLです。

このURLで調べてみると、このようなスレがヒットしました。

「DQ3の女僧侶萌えスレッド!」というスレです。

この中に、画像のURLがはられています。

他にも大量にURLが無言で貼られており、貼られているのはスレとは無関係のものだと思われ、ただの荒らしでしょう。

このスレ、2001年に立てられたものなので、かなり古いですね。

「女賢者」で検索すると出てきてしまう原因となるスレは見つかりました。

次はこの画像について、詳細を調べてみましょう。

先程調べてみたURLをもう一度見てみましょう。

既にピント来た方はいるかもしれませんが、「medstudents」というワードが含まれており、「医学生」という意味です。

ということは、医学関連のサイトに貼られていた画像なのかもしれません。

このサイトのアーカイブを調べてみました。

すると、1997年から存在するサイトであることがわかりました。

なかなか珍しいですね。

グーグル翻訳にかけてみた限りだと、ポルトガル語で書かれていました。

やはり医学関係のサイトのようで、様々な症例等が記載されているようです。

例の画像はどこに記載されていたのかというと、このページに掲載されていました。

「内分泌学」と書かれたページの先にある、「バセドウ病」の欄にある画像でした。

「バセドウ病」による眼球突出の事例として紹介されていた画像だったようです。

この画像をもうちょっと詳しく調べてみると、更に高画質版がありました。

どうやらこの画像、様々な医学関連のサイトで紹介されているもののようで、必ずしも先程のサイトが初出というわけではなさそうですね。

高画質の方を調べると、出典元を明記しているサイトがありました。

コピーライトに「The McGraw-Hill Companies」と書かれています。

この会社、アメリカにある教育サービス・出版企業だそうで、この界隈だとかなり大手企業みたいですね。

教育関連を出版しているということで、やはり医学生向けに掲載された写真だったのでしょう。

画像の初出は、この企業が出版したもので間違いなさそうです。

「1997」という表記があるので、1997年に出版されたものに掲載されていたと思われ、先程のサイトも1997年からアーカイブが残っていたので時期的にも一致しますね。

一つだけ不可解なのが、画像のURLで2ちゃんねるの過去ログを検索しても、貼られていたのは女賢者スレだけなんですよね。

初出は海外の医学系サイトということで、誰が、どうやって見つけたのか、なぜ女賢者スレに貼られていたのか、そこが一番の謎です…

恐怖画像「女賢者」・真相を考察” に対して8件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    おおお!この画像も判明したのか。すごいです!
    バセドウ病の患者さんだったんですね。
    歌手の絢香もこれで休んでたし、本田圭佑もこれじゃないかって言われてますよね。
    この画像の方も良くなったんでしょうか…

  2. 匿名 より:

    勇気URLみたいなやつなんですかね?
    貼った人の意図がわからないと考えると>>2の画像みたいですね。
    検索してはいけない言葉も元は「ググってはいけない言葉」だったか「ググると危険な言葉」だかで「そのワードでは予想出来ない検索結果が出るから気を付けよう」が主旨だったので黎明期はこれが有名ワードだったんですよね。(いつの間にか明らかにヤバいワード集めてますけど)

  3. 匿名 より:

    バセドウ「病」が「秒」になってます。

  4. より:

    貼られた大量の画像URL、
    上の方は「イラスト」とか「とらのあな〜同人」とかスレの趣旨に沿ったらしいのがありますが
    例の画像の1つ上のURLに「thyroid(甲状腺)_clinic」、更に1つ上に「medical」、
    その上の「thyr」もthyroidの略だとすればやはり似たような系統の画像だったのでしょうか。

  5. 匿名 より:

    医学畑の人間が2ちゃん黎明期にゲームキャラのスレに海外サイトからの画像貼りまくってたかもしれないと考えるとなかなか面白いな
    今は立派な医者として活躍してるんだろうか…

    1. 匿名 より:

      確かにw

      当時はキアリー出来るかだったのが、
      今ではベホマ出来てるかも。
      ザオリクは、まだ早いか。

  6. 匿名 より:

    懐かし
    昔コンビニ本で見た室内でランドセル背負ったロングヘアの女の子の目だけがめちゃくちゃ大きい恐怖画像がトラウマでそれ思い出した

  7. 匿名 より:

    バセドウ病の症例写真だったのか
    ブラックジャックでの描写は忠実だったんだなあ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です