この橋SUGEEEE・真相を考察

今回はとある恐怖画像について調査していきたいと思います。

動画化していますので、こちらも是非!

この橋SUGEEEEEEE

みなさんも一度は目にしたことがあると思います。

それがこちら、長い吊橋の画像です。

スクロールすると怖い画像が出てきますので、閲覧注意です。

Hiロ on Twitter: "この橋SUGEEEEE‼️ 是非タップしてください https://t.co/2V63PFwbfZ" /  Twitter

さて、この画像は「この橋SUGEEEEE」と呼ばれる画像で、2011年頃に2ちゃんねるに貼られてからよく知られる画像となりました。

当然、「検索してはいけない言葉」としても紹介されており、かなり有名な恐怖画像となっております。

しかしこの画像、古くから存在するにも関わらず、詳細は全く分かっておらず誰が、いつ作ったのか、正体不明の画像となっているのです。

考察

  • 橋の画像について

実は、この画像について数ヶ月前に情報を頂いてまして、怖い顔がないバージョンの画像が存在します。

それがこちら。

最初は普通の橋の画像で、後から顔が付け足された事がわかりますね。

まずはこちらから調べていきましょう。

橋の画像調べてみると、ある写真家さん個人サイトがヒットします。

この中に「Let’s Stitch」というタイトルの作品がありまして、それをクリックするとこの橋画像が貼られています。

橋画像のタイトルは「眩暈」。

確かにこの橋を渡ろうとすると、高所恐怖症の私は眩暈がしてしまいます。

これらの作品、横長や縦長の写真となっており、いわゆる「パノラマ写真」になっています。広い範囲を撮影した写真のことですね。

この橋の写真もパノラマ写真の一つとしてアップされたもののようです。

撮影機種も記載されているので、この方が撮影したものだと思います。

この作品は2001年3月6日に投稿されたものなので、先程の恐怖画像は2001年には既に存在していた可能性はありますね。

あまり重要ではないですが、この橋は花貫渓谷の吊橋だと思います。

観光地として有名で、紅葉がきれいです。

さて、ここまでで橋の画像自体は、日本のサイトが初出だということがわかりました。

恐怖画像自体も日本人が作った可能性が高いですね。

次に、こいつについて調べてみましょう。

パッと見、映画のワンシーンか何かで使われていそうですね。

  • 顔はどこから来たの?

さて、まずは画像検索で調べてみます。

恐怖画像は海外サイトにも広まっているようですが、この顔単体でも貼られていることが多いです。

吊橋の画像から切り取ってきたものだと思ったのですが、そうではない画像も存在していることがわかりました。

顔の背景に注目してください。

右が吊橋の画像から切り取ったもの、左がネットに落ちていた画像です。

背景の違いがわかるでしょうか。

左の方は、背景に月のような丸いものが映っています。

対して、吊橋の画像は顔の輪郭だけ綺麗に切り取られて貼られたものなので、月のようなモノは映っていないです。

ここから何がわかるかと言うと、吊橋に貼られる前の画像がネットに広まっていたことがわかります。

で、こちらの背景が異なるバーションの画像。

不思議なことに日本のサイトだとほとんど貼られていることはありませんでした。

私が探した限りだと、中華サイトが一番多くヒットしました。

ということは、顔自体は中国から広まったものなのかもしれません。

さらに、最も古いものが2008年頃にアップされているものです。

既にサイト自体は閉鎖されおりますが、中国のコミュニティサイトにアップされていたようですね。

そこに掲載されていた画像がこれなのですが、また微妙に異なります。

写真に白い枠がついているのがお分かりいただけるでしょうか。

また、よく見ると汚れのようなものや、若干ボロボロになっている痕跡があります。

写真自体も、よく見ると剥げている箇所もありますね。

これを見る限りだと、何らかの雑誌に掲載されていた心霊写真だったのかもしれません。

一点気になるのが、目をよく見ると黒目部分の跡が残っているんですよね。

もしこれが心霊写真に映る幽霊だとして作られたのであれば、雑な作りのような気がします。

もしかすると、雑誌に掲載されていた写真は、女優か何らかの写真でこれをネットユーザがイタズラで加工した可能性もあるかもしれないですね。

というわけで、情報をまとめていきます。

まず、2001年にパノラマ写真として橋の画像がアップされます。

そして、2001年から2008年の間に、主に中国でこの顔画像が有名になり何者かによって、橋の画像にこの顔が付け足され、恐怖画像として日本に広まります。

画像を作った人物についてですが、これはほぼ日本人で間違いないと思います。

橋の画像は日本人でないと見つけるのは困難ですが、海外で流行った恐怖画像であれば、日本にも流れてきている可能性はあるからですね。

そして、この顔についてですが、恐らく中国発祥の写真で、元は書籍に掲載されていたものを直撮りしていたものだと思います。

掲載されていた写真を加工したのか、元々この画像が掲載されていたのかは定かではありませんが、両方の線が考えられますね。

この橋SUGEEEE・真相を考察” に対して5件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    この顔の女性の正体についてですが、2014年くらいに、まとめブログか何かで、日本のアイドルの女の子の画像を切り抜き加工だと判明されていた記憶があります。ちゃんとネタ元との比較画像も貼られていました。自分はアイドルに詳しくないので名前や所属グループまでは分からなかったのですが・・・。

  2. 匿名 より:

    これガラケーで見るから怖かっただけやったな

  3. 匿名 より:

    韓国の漫画で同じ手法使ったもの流行ったよね
    ボンチョンドンお化けとかいうの

  4. 匿名 より:

    この画像の顔苦手だから遠目で見てたけど、これでもかと言うほど顔画像が連発して思わず笑ってしまった

  5. 匿名 より:

    これ最初は普通にすごい写真として出回ってたのが恐怖画像コラされちゃってて気の毒だったなあ
    最終的に威嚇する鶏のコラになってたのは笑ったが

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。