湯河原凸事件・真相を考察

今回は5ちゃんねるで起きたとある事件「湯河原凸事件」について調査していきたいと思います。

YouTubeに動画化もされていますので、コチラも是非。

湯河原凸事件

2016年、5ちゃんねるにて、LINEで変なメッセージを受け取ったというスレが立った。

送ってきたユーザの名前は「湯河原工業女子大学1年、高橋」

どうやら、女子大生の高橋と名乗る人物のようだ。

メッセージには、具体的な住所が書かれており、そこで乱○するという内容だった。

ここまでなら、よくある出会い系の釣りメッセージだと思う人が多いだろう。

しかし、このメッセージは少し異質だった。

まず、ユーザ名にある「湯河原工業女子大学」などという大学は存在しない。

また、書かれている住所はデタラメではなく、実在する住所が書かれている。

実際に調べてみると、ある集合住宅の一室だった。

さらに、そこに呼び込む手順も少し不可解なものだ。

月曜日から金曜日、曜日を分けて毎日来てほしいのだという。

業者だとすれば、ここまで手の込んだ手順までは書かないだろう。

この奇妙なユーザが5ちゃんねるで話題になり、実際に現場へ足を運ぶものも現れた。

例の住所の部屋には「高橋」という表札があり、住所も名乗っている名前も本物だったという。

しかし、実際に部屋の主と会った人物が現れた。

その際、部屋から出てきたのは、おばあさんだったのだ。

まさか、老人がLINEを駆使して釣りをするはずもなく、これは第三者が行ったイタズラだと思われるが、なぜこの人を狙ったのか、イタズラにしては手が込みすぎている。

考察

これ、割と有名なイタズラ手法ですよね。

ネットで住所バレした人の家に、出会い目的の人を呼び寄せるイタズラ、昔ありました。

ただ、ちょっと不可解なのは集合住宅に住むおばあさんがなぜ狙われたのかですよね。

実は、現場に突撃した人がライブ配信を行っていまして、そこでおばあさんの発言を聞くことができます。

今は録画が消されてしまっているので見る事ができませんが、話した内容の書き起こしが残っていたので紹介します。

まず、現場に凸すると、おばあさんが出てきます。

その時にこのような発言をしておりました。

「もう10人くらい来て迷惑している、嫌がらせしている人はだいたい予想ついてる」という発言をしています。

この発言からわかることは、特定の人物にメッセージを送っているのではなく不特定多数の人物に送りつけていたことがわかります。

また、嫌がらせについては見当がついているようで、以前にその人物と何かしらのトラブルがあったのではないかと推測できます。

ちなみに、このおばあさんはネットは一切やっておらず、この騒ぎの原因については全く知らなかったそうです。

ただ、おばあさんの発言から、やはり知り合いの私怨によるイタズラである可能性が高いことがわかります。

次に犯人像を考えてみましょう。

5ちゃんねる内で、このような話がありました。

高橋のIDで検索すると、林収作という人物の口コミが見つかります。

この口コミは、アプリオンというアプリの情報サイトの口コミですが、どうやらAppStoreから取得しているようです。

林収作もiPhoneからのレビューなので、AppStoreから口コミを書いたのでしょう。

AppStoreの仕様で、口コミを書いた人の名前はappleIDに設定されているニックネームが自動的に入ります。

このニックネーム、厄介なことにパソコンからitunesを開いて設定しなければいけないらしく、未設定の場合だと請求先に設定した名前、つまり本名で口コミが書き込まれてしまうようです。

先程の口コミ、高橋という名前で友達追加を促しているので、既に釣り目的だと思われますが、うっかり本名を晒してしまった可能性は高いです

また、こちらはスレ民によって発見されたのですが、先程の出会い系アプリに林収作が登録していることも判明しています。

このアプリはGPSを利用し、位置情報を他人に公開する昨日がありまして、これによると同じ湯河原に住んでいる人間であることも判明しています。

また、騒ぎの最中に釣り用アカウントのタイムラインにこのような書き込みを残しています。

婆さんがいても無視しろ、「近所のコジキ」などと呼んでいることから、相当な恨みがあるのかもしれません。

以上のことを踏まえると、犯人は「林収作」という男性であることがわかります。

彼は、被害者の近所に住んでおり、おばあさんの「犯人について心当たりがある」という発言から、一方的な私怨ではなく

両者の間で何らかのトラブルが起きていた可能性が高いと思われます。

ただ、一つだけ腑に落ちないのが単独犯だったのかという疑問ですね。

釣りアカウントはLINEを@という、法人向けのラインアカウントで作られています。

さらに、あのアカウント、実は自動応答昨日も使用されています。

「高橋写真本人」と送ると自動で写真が送られてくるのです。

実装に関してはそこまで難しくはないのですが、少しLINEに詳しくないとできないものになっています。

メッセージも複数用意されているようですし、かなり手間がかかっています。

ここで先程の口コミに戻ってみましょう。

これは、紛れもなく彼本人の端末から入力したものである可能性が高いんですが、この「緑」というのはLINEのことです。

これ、出会い系でよく使われる用語らしいです。

このことから、「林収作」は以前から出会い系アプリを使用し、ある程度SNSツールが使いこなせる人物であることがわかります。

今回の嫌がらせも、出会い系の特性を生かしたものですし、彼が単独犯ではない可能性は低くはないと思います。

湯河原凸事件・真相を考察” に対して1件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    林と名乗る男の正体は、おばあさんの住んでいる集合住宅の管理会社の人間かも知れませんね。何らかの理由でおばあさんとトラブルになり、立ち退きさせたいのではないかと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。