【心霊】本当に幽霊はいるのか?【秩父貯水槽死体遺棄事件】【2020年追記】

 

 みなさんは幽霊は存在すると思いますか?

 

今回は、幽霊の存在を信じてしまうような、そんな事件を紹介します。

 

 

 

 

秩父貯水槽死体遺棄事件と噂

 

 かなり古いですが、実際にあったとされる事件です。

 

死体が秩父にある貯水槽から発見されるという事件ですが、死体が発見される前からある噂が立っていました。

 

  • 黒いセーターを着た女の幽霊を目撃した
  • その女は顔が溶けている
  • 車で走っていたら、女がいたのでブレーキを踏んだが女はどこにもいなかった

こんな感じで地元の人は死体が発見される前から、女の幽霊を見ているというのです。

 

幽霊の目撃情報が多発している中、その幽霊にそっくりな死体が貯水槽から発見される

というとても不思議な事件ですね。

 

事件の信憑性

 

 そもそもこの事件、昭和にあったものなので明確なソースが見つからないんですよね。

 

wikipediaですら作られていないようで、唯一のソースは当時の新聞の画像のみです。

 

以下の画像になります(引用させていただきました)

 

f:id:sumaapu0:20180510172332j:plain

blogs.yahoo.co.jp

 文字が潰れて見にくいですが、当時の事件のことが書かれていますね。

 

この画像、多くのサイトで転載されまくっているので画質が劣化している可能性もあり、これだけでは真偽が判断できません。

 

というかなんて書いてあるかすらわからない。

 

ということで、探し回ってもうちょっと鮮明な画像を見つけてきました。

 

f:id:sumaapu0:20180510173103j:plain

worldsecrets.webcrow.jp

 

 よく見ると、折り目もついているのでコラ画像ということはなさそうです。

 

実際に事件はあったということになります。

 

日付も昭和52年なので、ネットが普及する前の事件ですから情報源が少ないのは仕方ないかもしれませんね。

 

新聞によれば、「死体はセーターを着ていて、死後3~6ヶ月。髪の毛は抜け落ち、死ろう化していて引き上げの際、頭が体から離れてしまった。」と書かれています。

 

噂通りの状態ですが、そもそも本当に噂されていたのでしょうか?

 

調べてみた所、このような記事を見つけました。

 

1976年夏頃から埼玉県秩父市にある永福寺付近である恐ろしい噂が
ささやかれておりました。

961775.seesaa.net

検索していただければ分かるかと思いますが、1976年に噂が立ち始めたと多くのブログで書かれています。

 

ですが、新聞に書かれているのは死後3~6ヶ月の死体です。1976年ならば、まだ亡くなる前です。幽霊が本当にいたとしたら、別人の幽霊ということになってしまいます。

 

グーグルマップで現場を見てみましたが、確かに薄気味悪い場所です。心霊スポットと言われるのは分かる気がします。

 

恐らく事件発覚よりも前から噂が立っているのは本当で、事件の死体と見た目がそっくりだったというのは後付けでしょうね。

 

【お問い合わせの件に関して】

 女性が行方不明になったのは1975年からで、噂が立つ前から行方不明になっていることから、やはり噂の幽霊は、この女性なのではないか、というお問い合わせをいただきました。

 

 この件に関しまして、新聞を見てみると、遺体が発見されたのは1977年、12月7日です。

 

夜警のため、7日午後7時ごろ原島さんの家を出た。(一部省略)持っていた懐中電灯で照らしてみると人間のようなのでビックリ。

昭和52年(1977年)12月9日 朝日新聞より

 

 そして、遺体は死後3~6ヶ月でした。

 

死体は解剖の結果、死後3-6ヶ月だとわかったが、

昭和52年(1977年)12月9日 朝日新聞より

 

つまり、亡くなったのは最低でも1977年6月頃です。

 

行方不明になったのは1975年ですが、殺されたのは二年後だと思われます。(新聞記事の情報が合っていればですが)

 

遺体が放置されてから、ではなく亡くなった後、3~6ヶ月経過しているということです。ここらへんの説明が分かりづらかったかもしれません、すみません。

 

行方不明になってからもまだ生きていたことになりますので、ネットの噂が真実なら、女性の幽霊ではないと思われます。

 

 

追記 ずっと1997年と書いてありましたが、1977年の間違えです。すみません。

 

【2020年更新版】

最恐映像ノンストップ7に紹介されていましたので、情報を確認致しました。

 

被害者は(貯水槽に)2年近くも閉じ込められていたとのことで、遺体は死後2年以上経過していたことになります。

 

また、最初の幽霊の目撃情報は遺体発見から二年ほど前にあったようで、新聞の情報と大きく異なります。

 

毎日新聞情報(1977/12/9)

 遺体発見は1997/12/7で、解剖の結果、死後3~6ヶ月経過していた。

 今年(1977年)から幽霊の噂が立ち始めた。

 

テレビの情報と大きく異なりますが、どちらが真実なのかは不明です(テレビ内でも当時の報道等の情報源はありませんでした)

 

お問い合わせいただいた通り、死後二年ほど経過していたのでは、と思うのですが、そうなると噂の時期がまたズレてきます。

 

死後の経過時間が警察の間違いだった、というのは分かりますが、噂の時期を間違うことはまずないでしょう。

 

噂は1977年から立ち始めたのか、1995年頃から話されていたのか定かではないですが、話題性を高めるためのデマである可能性も否めないです。

 

一応、毎日新聞の記事は番組内でも紹介されていましたが、上記の情報は映っておりませんでした。

 

どなたか、犯人逮捕等の記事がありましたら教えていただけると嬉しいです。

まとめ

 

 今回の記事をまとめると、事件と、事件より前から幽霊の目撃情報があったのは事実です。

 

しかし、幽霊が死体と似ていたという噂は嘘の可能性が高く、結局心霊スポットでたまたま死体が発見されたというだけです。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。