精神に支障をきたす動画・真相を考察

今回は、YouTubeにアップされているとい、う精神に支障をきたす動画を調査していきたいと思います。

動画化もされていますので、こちらもぜひ!

精神に支障をきたす動画

このようなリクエストを頂きました。

2009年のコンビニ本に、YouTubeにアップされたと言われる動画が紹介されており、実物を探しているというものです。

下記がその本に記載されていた内容になります。

「見続けると精神に支障をきたす動画」という見出しで紹介されており、ページには動画のシーンが色々と載っています。

説明には「ユーチューブにアップされた、再生回数が10万回を超える精神的にキツイ動画」と書かれています。

実際にどのように流れていたのかというと、カラーバーや砂嵐が流れる間、フラッシュバックで気持ち悪い画像が流れてくるという話でした。

誰が何の目的で作ったのかはわからないそうです。

確かに所々不気味なシーンが組み込まれているようで、ピエロの映像だったり、謎の猿のアニメだったりとちょっと怖いですね。

本には「見ると精神に支障をきたすと言われている」と書かれていますが、実際の動画に、そのような警告が書かれていたのかもしれませんね。

今回は、この謎の動画について調べていきます。

考察

さて、まずは実物を探していきましょう。

手がかりは本に記載されているこれらのシーンですね。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0c2f74f5b45c678c0abb44d84912b077.jpg

恐らく、色々な動画をつなぎ合わせて作られているホラー動画の類だと思います。

使われているシーンや、動画の内容を考えると、海外で作られた可能性が高いですね。

というわけで、それっぽいキーワードで検索してみたところ、本に記載されていたシーンを含む動画を発見しました。

それがこちらの動画。

本に書かれていた通り、カラーバーや砂嵐が表示され、奇妙な映像が流されます。

記載されていたシーンが全て含まれていますので、この動画で間違い無いと思います。

本には10万回再生されていると書かれていましたが、この動画は3万回しか再生されていません。

もしかすると、オリジナルは別に存在していて、これは転載されたものかもしれません。

これらの不気味な映像、一体誰が作ったものなのか、わかる限りで調べてみました。

さて、この動画では、複数の奇妙な映像が含まれていますが、いくつかの映像は出処を特定できます。

全て解説すると長くなるので、今回はこちらの2つについて調べた結果を説明していきます。

まず、「猿の首をすげ替えるアニメ」についてですが、こちらは猿の頭を交換する実験を行ったドキュメンタリーで使われたものです。

ロバート・ホワイト氏が1960年頃に行った猿の頭部の移植実験があり、それを題材にしたドキュメンタリーですね。

その際に解説アニメーションとして流れたのがこの映像でした。

元は「Motherboard」というチャンネルがアップした動画だそうで、見ると精神がおかしくなるといった話はないです。

次に、こちらのカラーバーのシーンですが、こちらもYouTubeにアップされている動画です。

こちらは1990年5月か6月に録画された南部初のテレビ局のサイオンの映像と書かれておりました。

WTVR-TVというアメリカにあるテレビ局が放送してたものだと思われます。

こちらの映像も同様に、オカルト的な要素は一切ないですし、むしろ貴重な映像資料ですね。

このように、今回の動画に関してはYouTubeにある動画をつなぎ合わせただけの映像であることがわかります。

また、動画の中で使われている一部のシーンを調べてみても、精神がおかしくなるといった類のものではないことがわかりました。

恐らく、海外でアップされていたこの動画のタイトルを訳すと「精神に異常をきたす」という意味になるので、本の記者が「見続けると精神に支障をきたす」というような噂をつけたのだと思われます。

精神に支障をきたす動画・真相を考察” に対して9件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    私も見たことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。私も見たことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。私も見たことがありますが、精神に異常をきたしたりしておりません。

    1. 匿名 より:

      こわE

    2. より:

      ドグラ・マグラのあれw

    3. 匿名 より:

      成仏してクレメンス

  2. 匿名 より:

    初めまして。このサイト今日見つけて色々と解説してますが自分がきになってることを解決手来たらなと
    十年くらい前に動画で見たもので、何かの番組かホラードキュメンタリーの一つで
    タイトルが見ては行けない赤いものだったと思います。

    その映像を撮ってた男性スタッフがインタビューしてましたが、途中で吐いてました。
    内容が廃病院の心霊で、最初女性レポーターいたんですが、女性レポーターが発狂と幽霊が出てたんですが

    その後にカメラマン一人だけ撮影することになったんですが
    部屋を映して、左に移動すると鏡に誰もいない部屋に手術するシーンが映り、もう一度部屋を見て、鏡を見ると先ほどと同じように手術するシーンとなり
    その後、ふと、下を見ると赤い肉塊?が映り男性の絶叫と共にカメラがぶれて終わってました

    もの凄く気になって、夢の中にもでてきて金縛りにあったことあります。
    無事解決していただければと。ぜひよろしくお願いします。

    1. 匿名 より:

      ここではなく、掲示板の方がいいですね。すいません掲示板の方に書きます

  3. 匿名 より:

    いろいろ混ざってるけどイモムシの映像が一番きつい
    ここだけ高画質でピックアップされたら本当に精神に異常をきたすかも知れない

  4. 匿名 より:

    うわ、これ15年くらい前に見た記憶ある。懐かしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。