クレイジーゴースト・真相を考察

今回はとある恐怖画像について調査していきたいと思います!

動画化もされていますので、コチラも是非!

クレイジーゴースト

それでは早速見てきましょう。

通称「クレイジーゴースト」もしくは「赤目女」と呼ばれています。

この画像、2000年代前半に流行ったブラクラサイトに登場した顔です。

叫び声とともに、この画像が現れるというものでした。

この顔、当時は尋常じゃないほど貼られまくっており、見た人は大勢いることでしょう。

もはやお約束となっている「検索してはいけない言葉」にも「クレイジーゴースト」という単語でまとめられています。

今だと画像検索しただけでヒットするらしいので、ご注意ください。

説明によると、元は中国で作られた画像だという話です。

今回はこの画像を調査していきましょう。

考察

発祥は中国らしいので、まずは本当に中国発祥なのか調べてみます。

検索してはいけない言葉wikiにある正式名所で調べてみましょう。

この単語で検索すると、かつてヒットしたサイトのURLが見つかります。

この二つのサイト、現在は既に削除されていますが、ネットアーカイブから確認できます。

mm.htmの方から見てみますと、中国語のアラートが表示されました。

「音量は最大になっていますか?」と書かれています。

中国語で書かれているので、恐らく発祥は中国ではないか、ということになったのでしょうね。

ページのソースを確認すると、確かに背景BGMが設定されておりまして「g.way」という音楽ファイルが再生される様になっています。

叫び声のやつですね。

また、ページを離れようとすると、アラートが出るようになっていたようです。

翻訳してみましたが、こんな感じの意味ですね。煽っている感じなんですかね?

さらに、もう一方のページも調べてみましょう。

「gui.htm」ですね。こちらも同じような作りになっていますが、ソースを見る限り画像や音楽ファイルが設定されているわけではなかったです。

ただ、先程の叫び声の出るページに飛ばされる仕組みになっていました。

恐らくこのページを踏ませてから、ブラクラサイトに誘導しようとしていたんでしょう。

このサイト、2002年10月が最古のアーカイブでした。

2002年には既に流行っていたと思われますが、このサイトよりも少しだけ古い物を見つけました。

URLにクレイジーゴーストと書かれてあります。

2002年の1月までアーカイブが残っておりまして、恐らくこちらのサイトのほうが古いです。

アクセスしてみると、先程紹介したサイトとは大きく違います。

こちらは韓国語で書かれています。

「上記のタグを掲示板にコピペしろ」と書かれています。

そして、こちらのサイトも別のページに飛ぶように設定されています。

飛んだ先のサイトを確認してみると、先程のサイトと同じように、画像と叫び声が出てくるように設定されたページに飛びます。

2つのサイトの違いとしては、中国語か韓国語の違いだけではなくページの仕組みも若干違います。

中国版はアラートでメッセージを表示していますが、韓国版だとページにそのまま書いていますね。

中国版のほうが若干手が込んでいます。

もしかすると、製作者は同じなのではと思ったのですが、恐らく別人です。

ページに飛ばすコードの書き方も違うみたいですし。

ここまで長々とお話しましたが、恐らく韓国発祥ではないか、と私は思います。

韓国でも、2002年の1月頃に色々なコミュニティサイトに貼られていました。

韓国で有名になり、中国で進化版が作られてたのかなと予想します。

ちなみに日本は、韓国、中国版の両方が貼られまくっています。

次に、画像について調べてみますが、いつものように元画像を発見するのは難しそうなので、別の方向から調べてみます。

この顔、コラ画像なのか、それとも映画のワンシーン等から取って来たものなのか調べてみましょう。

今回使用するのはこのツールです。

JPEGファイルにある情報を解析してくれるツールです。

こちらのを使ってクレイジーゴーストを調べてみますと、このような情報が出てきました。

一体何が書かれているのかというと、私もほとんどわかりませんが、気になる箇所があります。

これです。

どういう意味かと言うと、APP12がAdobe社のソフトで保存したときのパラメータで、APP14はAdobe社の「画像処理ソフトウエア」で保存したときに記録されるセグメントのことです。

つまり、画像処理ソフトを使って保存された画像である可能性が高いというわけです。

アドビ社製なので恐らくフォトショップでしょう。

このことから、クレイジーゴーストは映画のワンシーン等からそのまま持ってきたわけではなく、何者かが作成した画像だというわけです。

誰かの顔をベースで作ったのか、適当な素材を継ぎ接ぎして作ったのかはわかりませんが、元画像がネットになるのかどうかすらわからないので、探すのは非常に困難ですね。

というか「クレイジーゴースト」という名前、後付ではなく最古のURLから使われている彼女の本名だったんですね…

クレイジーゴースト・真相を考察” に対して7件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    私のリクエストを調べて頂きましてありがとうございます!
    ここまで調べられるのは素晴らしいです!当時(2000年頃)は対処方法も知らずにコンセントから電源抜いてましたねw 偶然、音量オフにしてたのが奇跡でした…w(してなかったらどうなることやら…)
    赤目女の元画像はどこかのモデルさんなんでしょうね…怖いけど顔はキレイですしw

    1. thetuburo より:

      こちらこそリクエストありがとうございました!
      私も対処法わからず電源を切っていましたw

  2. 匿名 より:

    モデルになった女の人、、椎名林檎さんに似ているような気がします

    1. thetuburo より:

      確かに似てますね…!

  3. 匿名 より:

    画像だけならブラクラの中でも全然怖くない、むしろ美人とすら思える類なんだよな

    1. thetuburo より:

      他の恐怖画像と比べるとかなり美人ですねw

  4. 匿名 より:

    この記事を含め、様々な都市伝説に関する記事を拝見させて頂きました。どれも詳しく調査されていて、とても興味深かったです。これからも頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。