成田空港の変死体・真相を考察

今回は、成田空港で発見された変死体について調査していきたいと思います。

YouTubeで動画化していますので、こちらもよろしくお願いします!

成田空港の変○体

2017年9月11日、成田空港でこのような事件が起きました。

成田空港第二旅客ターミナルビル64番搭乗口で、登場橋わきの屋根の上に人が倒れているのを利用客が発見した。

通報を受けた警察が現場を確認したところ、倒れていたのは20~40代ぐらいのアジア系の女性だった。

現場では、死亡していることも確認されていた。

女性はワンピースを着て、靴は履いたままで所持品は付近に落ちていたハンドバッグのみだと思われる。

目立った外傷はなかった。

以上が初期報道の内容です。

ここで、何点か不可解な点が浮かび上がります。

なぜ女性は、空港の屋根の上で死亡してたのだろうか。

目立った外傷はなく、女性は仰向けで倒れていたそうです。

そして、これが一番不可解なんですが、女性が倒れていたのは一般客が立ち入ることができないような場所だったんです。

空港の屋根の部分で女性が倒れており、空港関係者ですらどう侵入したのかわからないと話しているそうです。

考察

なかなか不思議な事件ですね。

成田空港第二旅客ターミナルビルは、こちらにあります。

そして、64番搭乗口はここです。

報道では、ゲート付近の屋根だったということで、恐らくここらへんで亡くなっていたのだと思われます。

職員の話すとおり、航空写真を見ても普通に立ち入れるような場所ではないことが分かります。

女性はなぜここに倒れていたのでしょうか。

ここで、事件の続報を見てみます。

初期報道では「アジア系の女性」の遺体が発見され事件と事故の両面で捜査すると書かれていました。

このあと、女性の身元と死因が判明しています。

発見されたのは愛知県に住む女性で、死因は高所から落下したことによる外傷性ショックです。

ただし、亡くなった場所は立ち入り禁止エリアであることは事実ですので、事件は謎のままです。

ただ、ある経路を辿ると現場まで行けることが判明しました。

第二ターミナルの展望デッキのフェンスを乗り越えると現場まで行くことができてしまいます。

これは報道にも書かれており「フェンスの上部と下部にあった隙間をネットや金網で塞ぐなどして再発防止を目指す」と記載されています。

つまり、フェンスを超えられる隙間があったということです。

ちなみに展望デッキはこんな感じです。

この展望デッキを抜けて、例の場所にたどり着くことができます。

ではなぜわざわざフェンスを乗り越えたのでしょうか。

ここからは憶測になりますが、倒れていた場所は皇族が使用することもある貴賓室に隣接する車寄せの屋根の上とのことでした。

恐らく部屋を覗こうとした際に落ちた、もしくは見える場所(屋根)に移ろうとして落ちた可能性があると思います。

やはり、事故である可能性が高いと思います。

この事件、これ以降の続報はないため、恐らく警察が事件性ないしと判断したのでしょう。

ただ、フェンスを乗り越えるほど見たいものだったのか、そもそも誰か目撃していなかったのか、など疑問は残りますね。

成田空港の変死体・真相を考察” に対して2件のコメントがあります。

  1. ヒル より:

    2017年はインスタ全盛期みたいなものだった記憶があるので、珍しい物を撮れればという可能性もあるかもしれませんね

  2. 匿名 より:

    愛知県の女性ではなく愛媛県の女性なのでは?

ヒル へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。