田舎に泊まろうに映り込んだ顔の真相を考察

今回は、「田舎に泊まろう!」という番組で、宿泊先の恐山に訪れたときに謎の顔が映り込んでいるという放送事故について調査していこうと思います。

YouTubeでも動画化していますので、こちらもよろしくお願いします!

謎の顔

「田舎に泊まろう!」という番組で2004年に放送された回に謎の顔は映り込んでいます。

出演者は蛭子能収さん、そして選ばれた場所は恐山でした。

恐山といえば、霊場として有名な山ですよね。

theつぶろも一度行ったことがあります。

なかなか雰囲気のある場所でした。

そこで蛭子さんは宿を探すんですが、選んだ場所は一人暮らしのおばあちゃんの住む家でした。

子供は全員都会に出ていき、現在は一人ぼっちだといいます。

疲れてしまった蛭子さんのために、おばあちゃんは特製ラーメンを振る舞います。

珍しく「おいしい」と感想を言う蛭子さん。

和やかな雰囲気になりつつあったのだが、このシーンで不可解なものが映り込みます。

皆さんも一度は見たことがあるでしょう。

この画像です。

蛭子さんの背後に不気味な顔?『田舎に泊まろう!』の放送事故 | 都市伝説〜古今東西〜

後ろの入り口から女性のような顔がこちらを覗き込んでいます。

顔だけが…

先程も書いたように、この家にはおばあちゃんしか住んでいません。

恐山からの来客ということなんでしょうか…

考察

写真だけでなく、この話はかなり有名ですよね。

2004年放送ということで、アーカイブを見るということが難しいんです。

まず、顔の正体として考えられるのは、覗きにきた近所の人か、スタッフだと思います。

近所の人だとすると、家主であるおばあちゃんは撮影中なので、許可なく入って来たことになりますね。

可能性は低そうです。場所が田舎なので、ワンチャンありそうですが…(ソースは私です)

ということで、最も可能性が高そうなのはスタッフ説ですね。

「一人暮らし」というワードに気を取られがちですが、撮影するためのスタッフが当然います。

これはこの回の一部始終から確認できます。

以下の動画を見てみると、顔が映り込む前に蛭子さんの背後を普通に通っている人がいます。

見てわかる通り、カメラも固定ではないのでカメラマンもいますね。

もちろんおばあちゃんは横から声が聞こえていますので、また別の場所にいます。

次に映像の撮り方に注目です。

最初にラーメンのカット。

次にカメラがワークが変わって、全体が映し出されます。

そのときに顔が映り込みます。

その後、カメラマンが顔に気付いたのか一気にカメラが蛭子さんによります。

顔しか写っていないのは、単純にスタッフが極力映らないように覗き込んでいたからだと思います。

恐らく、カメラの位置等を確認するために覗いていたんでしょう。

「一人暮らし」というワードでちょっと怖いイメージが付きましたが、もちろんスタッフも大勢いたと思いますから、映り込んでいても仕方ないと思います。

ちょっと映り方が不気味ですけどね…

カットしろと言う感じですが、蛭子さんが「おいしい」と言ったシーンをカットするわけには行かないですよね。

田舎に泊まろうに映り込んだ顔の真相を考察” に対して3件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    “珍しく「おいしい」と感想を言う蛭子さん。”
    本筋とは関係ないですが、この表現に笑ってしまいました

  2. さつき より:

    当時のテレビの画質はあまり良く無いため
    小さなものは潰れてしまったんですかね。

  3. ユウ より:

    なるほど!画像見ただけだといかにも不気味な画像ですが、前後合わせて見ることで真相がよくわかりますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。