スポンジ・ボブ「イカルドの自殺」を考察

今回は、スポンジ・ボブという海外のアニメに関する都市伝説を調査していこうと思います。

YouTubeのほうでも動画化していますので、是非ご覧ください。

「Red Mist 」「イカルドの自殺」とは?

今回ご紹介する「Red Mist 」「イカルドの自殺」とはスポンジ・ボブに存在する謎の回、ドラえもんで言うところの「タレント」みたいな話ですね。

問い合わせのほうでネタ提供頂きました。

ドラえもんのタレントの記事とても面白く読ませていただきました。
似た都市伝説でスポンジボブの「Red Mist」もありますが、こちらも好きなお話なのでネタの選択肢に加えていただけますと幸いです。

どんな回かというと、登場人物であるイカルド(イカじゃないらしい)がコンテストのために、クラリネットの練習をするんですが、

突然目が真っ赤に充血した男が家に来て「赤い霧が来た」という風に注意していきます。

その後イカルドは上手く演奏できなくなり、コンテストも失敗に終わってしまう。

最終的には、イカルド自身が目を真っ赤に充血させ拳銃で自殺してしまうという回になっています。

イカルドは音楽コンテストの為に、邪魔ありながらもクラリネットを自室で練習する。
その時突然赤く変色した目玉の男がイカルドの元へ訪ね、「Do it,Red mist is coming.(やるんだ。赤い霧が来た。)」と注意する。
イカルドは気味悪がり、その男を門前払いの如くドアで否定するが次の練習では何故かクラリネットがうまく吹けなくなる。
そして当日、イカルドがステージに立つと不運なことにそのクラリネットが吹けない事で大衆の前で大恥をかいてしまう。
そのお蔭でイカルドは引きこもりがちになってしまい、最終的に赤い目に血涙を流した後、拳銃で自殺する。

https://wikiwiki.jp/boudai/Spuidward%27s%20Sucide

なかなかショッキングな内容ですね。

元々海外のギャグアニメということもあって、ブラックジョーク的な内容の回は存在しているんですが、この回は公式には存在していません。

ただ、海外の方が目撃情報から作成した再現アニメがあるので、是非。

実際にアニメーションで見てみると、ちょっと不気味ですよね。

考察

実はこの回「タレント」とかと違って多数目撃証言があるわけではないんですよね。

この「イカルドの自殺」という回はアニメ会社に見学に来た大学生とインターンでアニメ制作会社に来たという2人の人が見つけた

未放送の回という設定になっています。

つまり、この2人しかこの回を見たことがないんですよ。

実はこの話2012年に掲示板に書き込まれたのが元ネタであると判明しています。

他の伝説回と違って、目撃者がこの2名ということですぐにデマであることがわかってしまったみたいですね。

しかし、実際にイカルドの目が真っ赤に充血した映像が地上波で流れているらしいんです。

日本では未放送の回らしいんですが、気になりますね。

実際に動画が存在しましたので、貼って置きます。

木の扉をイカルドが開くと、先ほどの再現動画そっくりの不気味なイカルドが出てきます。

しかし、こちらの回は製作者のイタズラだと判明しています。

公式が回答を出しているんですね。

https://www.youtube.com/watch?v=cv6T2Oa91dw&t=66s

しかし、この回あまりにも怖いということで、途中から別のシーンに差し替えられているんですよね。

まさか、都市伝説を公式が逆輸入するというなかなか斬新なパターンだったんですね。

日本じゃ考えられませんね(笑)

あとがき

架空の都市伝説が実は現実になってしまったというのが、今回の都市伝説の面白いところでもありますね。

というか海外のアニメって結構残酷なシーン多いですよね。

今回はいつもの伝説のアニメ回とは一味違った都市伝説でした、では。

スポンジ・ボブ「イカルドの自殺」を考察” に対して2件のコメントがあります。

  1. 病みみ より:

    記事アップお疲れさまです!
    怒涛の更新で嬉しいです!

  2. 匿名 より:

    これ系だと有名どころはスーサイドマウスですかね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。