霊道になっていた自宅

初めてですが投稿してみます
私が6歳くらいの時、いつも母とお風呂に入るたび私が「母さん、あの人は誰?」
と誰もいないお風呂の端のところを指さしながら聞いていたそうです
私はもうその時の記憶は残っていないのですが…
私には6歳上の姉もいるのですが姉も6歳くらいの時、同じところを指さして母に私と同じ質問をしていたようです
また、それだけではなく、母がリビングで横になっていると知らないおばあさんが扉をすり抜けてリビングに入ってきて、横になっている母にお辞儀、一礼をし、そのまま母をすり抜けてどこかへ行ってしまったそうです
他にも私が小学生の頃、クリスマスの日の夜、寝室で寝ていると突然冷たい何かが通ったような気がして飛び起きたところ、男?の後ろ姿が見え、そのまま寝室のドアをすり抜けてどこかへ消えて行ってしまいました
クリスマスだったのでサンタさんに違いない!と思い、翌朝母に興奮気味で話し母がとても怖がっていたのを覚えています…笑
この他にもまだ色々と奇妙な現象が起こり、母が思いきって近くの神社に行ってお坊さんにこの体験を話すと、「あぁ、あなたの家の近くにお墓があるでしょう?あのあたり、霊道なんですよ」
と言われたそうです
私が霊らしき何かを何回か見ましたがよく考えると全ての霊が同じ方向に向いてすり抜けて消えて行っていました
母と確認しに行くとその方向に確かに広い墓地がありました
事故現場などではないのでその霊道を通っている霊たちは基本的に危害を加えたりすることはなく、善良な霊たちだから怖がらなくて良い、とも言われたのですが母が怖いということで神社で厄除けのブレスレットを買い、夜、寝るときにいつも母と私でつけていました
その力なのか霊を見たり、不思議な現象にあうことはなくなりました…

投稿者 とし 様

こちらは怪談コンテストに応募された投稿です。怖いと思ったらぜひ投票してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

奇妙な臨死体験