【未解決事件】長岡京殺人事件のその後、3人目の主婦の真相を考察

f:id:sumaapu0:20180711155723j:plain

 今回は、とある未解決事件の後日談の考察です。

 

オカルト好きなら方ならば、未解決事件はお好きでしょう。

 

その中でも、いわゆる「ワラビ採り殺人事件」はかなり有名かと思います。

 

さて、あなたはこの事件の後に起こった、殺人事件をご存知でしょうか?

 

 

もう1つの長岡京殺人事件

 

 ワラビ採りに出かけた主婦2人が、遺体となって発見された。

 

「助けて 追われている この男の人悪い人」

 

と書かれた、不気味なメモを残して。

 

この事件は、未だに解決されておらず、時効を迎えている。

 

実は、この事件の数年後に、同じ長岡京市で、主婦が殺されている。 

 

この主婦は、5年前、ワラビ採りに出かけた3人目の主婦だったという噂がある。

 

 この3人の主婦は犯人から相当な恨みを買っており、犯人は、5年後に生き残りを始末したということなのだろうか。

 

ネットに散らばっている噂を軽くまとめてみました。

 

ワラビ採り事件を知っている人は多いと思いますが、5年後の事件を知っている人は少ないんじゃないかと思います。

 

この事件、本当に3人目の主婦は、ワラビ採り事件と関連性があるのか、考察してみました。

 

考察

 

 それでは、長岡京殺人事件から、情報をまとめてみましょう。

 

長岡京事件の状況

 遺体は何度も殴打された痕跡があり、犯人の体液が検出されている。

犯行現場では、日頃からレイプ事件が多発していた。

wikipedia参照)

 

・5年後の事件の状況

 被害者は布団にくるまれ、包丁で刺された上に、放火されている。

wikipedia参照)

 

・2つの事件の違い

 2つの事件の違いとしては、犯人の動機でしょう。

 

ワラビの方は、明らかに、強姦目的だと思われます。

 

対して、5年後の被害者は、体液が検出されたという記述はなく、動機は分かりませんが、何らかの恨みがあったのかもしれません。

 

主婦2人は、恨みがあって殺されたとは考えにくいため、3人全員が犯人から恨みを買っていたとするのは難しいでしょう。

 

・そもそも繋がりはない?

 この噂について調べてみると、3人は同じパート先だったという情報が出てきます。

 

しかし、このような書き込みを見つけました。

 

136 名無しさん@お腹いっぱい。
2015/09/26(土) 08:17:58.52 ID:???

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2009/07/30(木) 16:32:04 ID:??? ?PLT(30655)「五年後の事件」が取り沙汰されるのは、ネット上に事件に関する情報が極端に
少ないからなんだろうなあ。

事件の記事(第一報)はこれ。
http://kuronuko.up-ch.com/uploader/sn/src/up9818.jpg_eTh4HKRTYq5p3vWlBvbo/up9818.jpg

記事の下のほうにあるように、被害者はワラビ採り事件の起きた当時、別の会社
にパートに出ていたので、イズミヤの同僚とどうのこうのという推測はそもそも
成り立たない。

それから、ワラビ採り事件に「途中で帰った主婦」がいたという噂は、当日にな
って用事ができて参加をやめたイズミヤの同僚が数人いたという当時の新聞報道
から出てきたものではなかろうか

 

138 名無しさん@お腹いっぱい。
2015/09/26(土) 08:30:59.34 ID:???

上記記事は毎日新聞84.5.16(もう見れなくなっている)
「記事の下」部分を引用

○○さんは五十年ごろから同市内の反物染工場にパートで働きに出ていたが、
昨年二月、同工場が京都市伏見区内に移転したのに伴いパートをやめ、それ
以降はほとんど自宅にいる毎日だったという。

関係あるという人は、この記事を否定できるソースを提供してからでしょう
過去スレくらい覗いた方がいいですね

 

https://2ch.vet/re_ikura_archives_1437267048_77_100

 

 残念ながら、ソースの記事はすでに消えてしまって閲覧不可ですが、コピペされた文は残っていました。

 

書き込みによると、3人目の主婦は、事件当時、5年前はワラビ主婦たちとは、違うパート先でした。

 

さらに、ほとんど自宅にいた、という記述から交友関係はほとんどなかったと考えていいでしょう。

 

このことから、3人目の主婦はワラビ採り事件とは無関係です。

 

まとめ

 

 5年経っても追いかけてくる犯人は、かなり異常な執着心だと思いますが、さすがにそんなことはありませんでした。

 

よく調べてみると、関連性があったという記述は1つもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。