オレンジハウス・真相を考察

今回はとある廃墟について調査していきたいと思います。

動画化もされていますので、こちらもぜひ!

オレンジハウス

みなさんは千葉県にあるオレンジハウスという廃墟をご存知でしょうか?

千葉県我孫子市に存在する、木造2階建ての建物です。心霊スポットとして有名な廃墟になっています。

この廃墟では、過去に悲惨な事件が起きたという噂があります。

かつて住んでいた人の呪いなのでしょうか?

今回は、この謎の廃墟「オレンジハウス」について真相を追っておきます。

考察

この場所、住所も割れているのでグーグルマップで確認していきましょう。

場所はここ。

住宅地の裏にある木々の中にひっそりと建っています。

結構大きいサイズの家で、オレンジ色ではなく普通に白色の家のようです。

次に、噂について調べていきましょう。

こちらはmixiに投稿されたトピックですが、2012年には既に話題になっています。

この時には既に「一家心中」の噂は存在していた事がわかります。

また、2009年にも2ちゃんねるに書き込みがありました。

この書き込み対して、特にレスはついていないので、この頃はマイナーな廃墟だったと思われます。

次に、theつぶろ掲示板にて、調査してくださった方がいらっしゃいましたので、調査結果を紹介します。

過去の新聞を調べたところ、昭和57年、千葉県我孫市で一家心中事件が本当に起きていることが判明しました。

実際の記事がこれ。

「お父さんが家に火」という見出しで報道されています。

火を付けたのは工務店を経営していたYさんで、焼け跡からYさんと子供の遺体が見つかりました。

長女と次女の二人は重体であるもののこの時は無事だったようです。

「軽量鉄骨プレハブ2階建て住宅が全焼した」と書かれております。

つまり、一家心中が起きた際は既に建物自体は焼けてしまっているのです。

ということは、今現存している建物は全く無関係の廃墟であることがわかります。

更に興味深いのは、事件が起きた場所とオレンジハウスの位置関係です。

こちらも実際に調べてくださったのですが、赤丸がオレンジハウスで、青丸が事件が起きた場所です。

非常に近い位置に存在していることがわかります。

また、こちらの地図は1981年の住宅地図でその頃にはまだオレンジハウスは存在していません。

1986年の住宅地図にはオレンジハウスが掲載されています。

このことから、そもそもオレンジハウスは事件が起きた後に建てられたものであり、この建物に心霊スポットの噂があるのは実際に近くで一家心中が起きたこと。

事件が起きた1980年代に建てられた建物であるため、間違えて噂が広まったと考えられます。

建っている場所も、木々に取り囲まれ不気味です。

「あの辺で昔、一家心中があった」といわれると、あの廃墟と結び付けられるのも不思議ではないですね。

しかしながら、なぜ「オレンジハウス」と呼ばれているのかは謎です…

オレンジハウス・真相を考察” に対して6件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    確かここは屋根がオレンジ色だったかと

    1. thetuburo より:

      情報ありがとうございます、屋根の色から来ているんですね。
      オレンジ色の屋根というのも珍しい…

  2. 匿名 より:

    地元だと大して有名じゃないスポット
    2000年代前半に心霊系が流行った時も全く噂がなかった
    我孫子だともっとヤバいスポットあるのにねぇ

  3. 匿名 より:

    難しいと思いますが
    いわくつきの廃墟の汚名を濯ぐのもいいですね~

  4. ヒル より:

    屋根の色から来ている廃墟といえば赤別荘もありますね
    案外廃墟の名前って安直な理由で付けられてるのかもしれません

    1. 匿名 より:

      廃墟に不法侵入した人がつけたあだ名なんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。