Misfortune.gb・真相を考察

今回は「Misfortune.gb」という謎のゲームを調査していきたいと思います。

動画化もされていますので、こちらもよろしくおねがいします!

Misfortune.gb

昔から海外で、あるゲームに関する怖い話が囁かれています。

そのゲームの名前は「Misfortune.gb」

このゲーム、販売された記録はなく、ネット上にロムデータが出回っているだけという話や、あるカセットに、特別な処理をすることでプレイできるという話もあります。

入手は困難なようです。

しかし、スクリーンショットが出回っているのでご紹介します。

呪いのゲームボーイソフト『Misfortune(不幸)』 | 都市伝説〜古今東西〜

ゲームを起動すると、「ポケモン」のようなグラフィックの画面が表示され、敵と思わしき悪魔のキャラクターが出てきます。

いきなり「私に挑みたいか?」と聞かれるので「はい」を選択するとゲームが始まります。

様々な仕掛けのあるステージを進んでくんですが、ここでゲームオーバーになると、先程の悪魔が画面いっぱいに表示され「私は神だ」というセリフが出てきて終わるといいます。

しかし、話はこれだけでは終わりません。

ゲームオーバーになったプレイヤーは皆、なぜか体調不良を訴えています。

そして、原因はゲームのBGMにあるそうです。

人に害を及ぼす周波数のBGMが搭載されており、ゲームオーバーになると流れ出す仕組みになっています。

考察

こちらのネタ、何件かリクエストを頂いていたのでご紹介しました。

他のゲームのグラフィックが流用されていますよね。

様々なゲームのロムを組み合わせて作られたのでしょうか。

これについて調べてみると、だいぶ昔からあった都市伝説のようで、2003年には既に噂されていたようです。

ですが、プレイ動画は一切なくスクリーンショットが出回っているだけなので、作成されたスクリーンショットが噂の元でしょう。

現在では、多くの都市伝説ファンの目に止まり、BGMやプレイ動画が作成されています。

これらは全て後から作られたものであり「本物」ではありません。

もう一つの都市伝説である「BGM」ですが、音で人体に影響を与えるというのは本当なんでしょうか。

バカでかい音声や、低周波の音を長時間聞かせることができれば可能ですが、ゲームボーイは、出力される音声に制約がありますし、仮になかったとしてもゲームボーイから人体に害を及ぼす程の音を出すのは無理です。

このことから、Misfortuneは都市伝説に過ぎないのかなと思います。

発想は面白くてかなりワクワクしますね。

Misfortune.gb・真相を考察” に対して3件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    海外のゲームボーイってプロポーショナルフォント使ってるんだろか?

  2. 匿名 より:

    この悪魔のキャラ、GBの「突撃!ばれいしょんず」というゲームに出ているものだと思います。
    確か壁や道の感じもこんなだったと思うので、そのゲームの素材が多く使われていそうですね…

  3. roiga より:

    使われてる素材が
    プチカラット
    ポケモン赤
    突撃ばれいしょんず
    マリーのアトリエgb
    ゼルダの伝説夢をみる島
    だね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。