【都市伝説】かつて流れていたyoutubeの謎の広告の真相を考察

みなさんこんにちは。

youtubeといえば、視聴前の広告、よく目にしますよね。

その中で、とても不気味な広告が流れたことがあったそうです。

youtubeの謎の広告

この動画を御覧ください。

自転車?で走っている風景を撮っているだけの動画です。

最後は自宅と思われるアパートに到着して終了しています。

実はこれ、youtubeの広告として流れていたことがあったそうなんです。

この動画が流れていたと言われているのは、2016年頃。

そもそも、本当に流れていたのでしょうか・・・?

当時の目撃証言

このようなツイートが何件か見受けられました。

実際にyoutubeで流れていたのは事実だったようです。

さらに、この広告をクリックしてもページが存在しないと言われるようで、誰が、何のために流しているのかは不明です。

※(広告について)本ページの情報は2022年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて ご確認ください。

真相を考察

さて、この広告に関してこのような意見がありました。

youtubeは、お金さえ払えば自由に広告を掲載してもらえるサービスがあります。

今回のような動画を流すタイプのものは、インストリーム 広告と呼ばれるもので、広告が閲覧されるごとに料金が発生する仕組みです。

1. YouTube から動画を選択する広告に使用する動画がまだ YouTube にない場合は、アップロードします。動画をお持ちでない場合は、こちらのヘルプをご覧ください

2. 広告を表示する対象者を選択する広告を表示する地域を選択し、リーチするユーザーのタイプを定義します。

3. 予算を設定する動画広告キャンペーンの予算を設定します。

実際に広告掲載ページに行ってみると、このような手順で広告を掲載するようです。

1番目の、広告用の動画を掲載するところで恐らく勘違いをしてしまったのだと思われます。

広告をクリックしてもページに飛ばないのも、単に動画をアップして広告に指定してしまったことが原因だと思われます。

この場合なら、意図不明の広告も納得できます。

結論

意図不明の謎の広告でしたが、これは投稿者のミスによるものだという可能性が高いです。

料金に関しては、いくらかかったのか不明ですが、広告を掲載する時に限度額を指定できるので、そこまで料金はかかっていないでしょう。

今回、お問い合わせをくださった方、ありがとうございます。

PS

お問い合わせをたくさんいただいておりますが、情報が分かったものから、記事にさせていただいています。

また、真相が不明のものも、怖い話置き場に順次追加する予定なので、お待ち下さい。それでは。

【都市伝説】かつて流れていたyoutubeの謎の広告の真相を考察” に対して11件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    真相が分かれば「なーんだ」で済むけど
    深夜にYou Tube観ていていきなりこの広告が流れたら普通に怖いですね

    1. 匿名 より:

      たしかにそうですね。
      普通宣伝というのは何か商品を売りたいからやるのであって、こういう何を売りたいのかわからないのが意図が分からず、不気味なのでしょうね。

    2. thetuburo より:

      そうなんですよね。
      動画単体で見ると大したことないんですけど、広告でこれが流れると相当びびります笑

  2. 匿名 より:

    私的には、動画よりもサムネの方が不気味に見えます(笑)すいません、このサムネはどう言ったものなんでしょうか

    1. thetuburo より:

      かつて放送されていたと言われる子供向け番組「candle cove」の再現動画の画像です。
      海外で有名な都市伝説なのですが、記事にしていますのでよかったら御覧ください!

      1. 匿名 より:

        ありがとうございます!
        candle coveの記事も読ませて頂きます。

  3. 匿名 より:

    近所でビックリしました。
    https://www.google.co.jp/maps/@35.888599,139.6128557,3a,75y,55.94h,96.78t/data=!3m6!1e1!3m4!1sJvvrk3vfOqnh9gHedO0I8g!2e0!7i16384!8i8192?hl=ja
    動画開始時のストリートビューはこれです。

    動画内の日付はカメラ未設定のものでしょう。
    アパート到着ちょい前に八百屋らしきもの(実際には酒屋)が映ってますが、現在はラーメン屋で2014年開店なのでそれ以前に撮ったのですね。

    推測なのですが、音を聞くにゴロゴロうるさいのとやたらと左右に振れてるのでキックボードかな、と。
    アフィ用か何かの未編集映像を間違えて設定しちゃったのかもですね。

    ※40年近く近所に住んでますが心霊怪談事故自殺の話は聞いた事ないのでご安心?ください。
    投稿者宅裏にムフフな本の投棄&拾い場所の神社、たまに叫び声が聞こえる精神神経科病院が近くにあるくらいですw
    (;´∀`)

    1. thetuburo より:

      情報ありがとうございます。
      現地民の方の意見は貴重ですね・・・。
      あの音は何なのかと思っていましたが、確かにキックボードの可能性もありそうです。
      周辺に心霊話がなくて安心しました笑
      ただ、ある意味怖い場所なのですね・・笑

    2. 匿名 より:

      貴重なお話大変ありがとうございます
      この話、すごく興味あったので検索しました
      https://www.homes.co.jp/archive/b-1637003/

      仰るとおり、同アパートを「大島てる」で見ましたが、該当なし、
      googleでも「心理的瑕疵」で検索しましたが、該当なし、
      不審者情報を見ても、特段該当するものはないようでした。
      http://www.gaccom.jp/safety/area/t29325)

      つぶろさんの動画のコメ欄にあったのですが、不安定な形式の動画は
      http://www.youtube.com/user/41goods/videos
      ・上の人が製作販売していたキーレス型カメラのサンプル動画に似てるので、そのCM的なものだったのでははないか、
      ・リンク先を押してもどこにも飛ばないのは、その販売サイトが既に消滅しているからはないか、という話がありました

      (同ショップの2010年のアーカイブ)
      web.archive.org/web/20101101195802/http://www.41goods.com/
      (2013年のアーカイブ) その後アーカイブ情報なし
      web.archive.org/web/20130521214634/http://41goods.com/
      なお、このウェブショップの経営者の方は、現在、サバゲのオンラインショップをされているようです
      http://www.rakuten.co.jp/41military/info.html

      ただ、カメラテストのサンプル動画が間違えてアップされたものだとしても
      まず動画内容が、特定のアパートの敷地内に入るところで終わるというが不思議です。
      個人情報的が漏れることになりますので、通常はそういうのはテスト動画として使わないと思うのです。

      また、動画製作者は、このカメラの開発者ではなく、単にそのカメラの購入者という可能性もあります。
      その場合も、
      ・カメラの日にちをデフォルトに設定している(いつ撮影したか知らせたくない?)
      ・間違えて広告にするとしても、それまでクレジットカードの設定等は必要なのではないか。
       そんな手間を掛けた人が、うっかり間違えてプライベート動画を広告に載せるということがあるのだろうか
      ・そもそもそんなプライベート動画を撮るだろうか
      と、やっぱり疑問が残りました

  4. 匿名 より:

    今まさにTheつぶろさんのページ上に「あ 12345」とかいう謎の広告が出ていて、
    クリックするとyoutubeの動画に飛んだんですが、これもそういうことなんでしょうか…

    1. thetuburo より:

      なんですかその広告は・・・。
      どのような動画に飛びましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。