【怪事件】不気味な未解決事件ランキング【不可解】

f:id:sumaapu0:20180703103200j:plain

 今回は、不気味な未解決事件をランキングにしてみました。

 

 

前回は、怖い未解決事件についてまとめみたので、よければそちらから御覧ください。

 

前回とは違って、今回はオカルト色の強いものを集めてみたつもりです。

 

前回の記事は以下からどうぞ。

 

 

 

5位 八丈島火葬場七体人骨事件

 

 お盆まであと数日という時期に、八丈島の火葬場で、遺骨が発見される。

 

遺骨は全部で7体。

 

それも、全て無断で焼かれたものだった。

 

警察が捜査したものの、未だに遺骨の身元は明らかになっていない。

 

参考

http://seesaawiki.jp/w/mikaiketsujiken/d/%B0%F5%BE%DD%A4%CB%BB%C4%A4%C3%A4%BF%BB%F6%B7%EF

 

 この事件、7体もの遺骨が焼かれていたにも関わらず、未だに犯人が分かっていません。

 

それだけも不気味な事件ですが、最も恐ろしい点は、遺骨が7人分というところです。

 

八丈島には、7人坊主という伝承があります。

 

八丈島には、飢饉が起きた時期があり、その時に7人の僧侶が船で漂流してきたそうです。

 

当然、僧侶に分け与える食料は何もありません。

 

当時の島民は僧侶をそのまま山に追いやったそうです。

 

この事件、山で果てた7人の坊主の呪いが関係しているのではないかと言われています。

 

その他、殺人の証拠隠滅説や、改葬説など、様々な説がありますが、未だに真相は不明です。

 

参考

http://www.occultic.net/news/38-shinnreiyuurei/520-shichininnbouzunotatari.html

 

4位 社長宅のプールで変死事件

 

 東京都、目黒区のとある社長の自宅のプールで、若い男性が血を流して死亡しているのが発見された。

 

このプールに水は入っておらず、持ち主と死亡者との関係は不明である。

 

https://mamono.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1215741769/l50

 

 なぜ水のないプールで血を流して倒れていたのでしょうか?

 

それよりも不気味なのは、事件の前日に2ちゃんねるに書き込まれた内容です。

 

  鬼門を開ける方法がある。

 

東京都にある駅には、盛り塩があり、ある手順を踏んでその盛り塩を蹴り散らす。

 

そして、自分の1番したいことを願いながら電車に乗ると、鬼門が開く。

 

この書き込みがされてから、以下の書き込みがありました。

 

 49 :本当にあった怖い名無し:2008/07/10(木) 20:03:42 id:Uhl0wg6pO
仕事終わりで暇だから、ちょっと35を実践してみるテスト
てか、本当に塩があってビビッタ。これマジで何の塩?おせーて

 

事件があった前日のことなので、もしかしたら事件の被害者は鬼門を開けようとしたのではないか、とネットで話題になりました。

 

真相については、詳しく以下の記事で考察していますので、よろしければどうぞ。

 

sumaapu0.hateblo.jp

 

3位 時速100kmの電車から飛び、平然と立ち去る男

 

  神戸のJR住吉駅で、時速数百キロの快速電車から男がホームへ飛び降りるという事件があった。

 

その人物は、複数の人から目撃されている。

 

目撃談によると、男は勢いで鉄製フェンスにぶつかったが、何事もなかったかのように歩いて、どこかへ去ったという。

 

電車内でも、男に気づいた者がいたが、「ドン」という音とともに姿が消えたと話している。

 

通報を受けた警察や医療機関が捜索したが、男は見つからなかった。

 

http://web.archive.org/web/20020705184119/http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou/020704ke64410.html

 

 ダイナミック途中下車をした男でしたが、なんと平然とそのままその場を去ったそうです。

 

無事に着地できていたらまだ納得のいく話ですが、男はフェンスに激しくぶつかっているところを目撃されています。

 

100kmの電車から飛び降りて、フェンスにぶつかっても無事でいられるでしょうか?

 

その男って、本当に人間だったんですかね・・・?

 

2位 広島一家失踪事件

 

 広島県のとある一家が失踪するという事件が発生した。

 

この家族の自宅の状況は非常に不可解なものだった。

 

玄関の鍵はしまっており、争った形跡などもなく、強盗の疑いはない。

 

朝食が虫除けネットをかけた状態で放置されており、電気がつけっぱなしであった。

 

このことから、突発的な出来事であったと考えられる。

 

この事件の1年後、家族が乗った車がダムで発見される。 

 

一家が心中した理由も分からず、事件の真相は闇の中である。

 

参考

http://seesaawiki.jp/w/mikaiketsujiken/d/%A1%DA%BF%C0%B1%A3%A4%B7%A1%DB%B9%AD%C5%E7%B0%EC%B2%C8%BC%BA%ED%A9%BB%F6%B7%EF

 

ちなみにこの事件、神隠しではないかと言われています。

 

その理由は、とある伝承からきています。

 

江戸時代、お夏という女性が突然姿を消していまうという話があるのです。

 

そして、お夏の墓がある山の所有者が、この事件の被害者一家というのです。

 

まさか、本当に神隠しにあったというのでしょうか?

 

奇妙な偶然が重なった事件です。

 

1位 タマム・シュッド事件

 

 1948年。

 

オーストラリアのとある海岸で、身元不明の男性の遺体が発見された。

 

彼のポケットには、ペルシア語(タマムシュッド)で「終わった」という意味を表す語句が記されていた。

 

男の遺体を調べると、年齢は40~45歳で、肉体的には最高の状態であった。

 

死因は毒物ではないかと、疑われているが、未だに毒物を特定できておらず、男性が誰なのかも不明である。

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/タマム・シュッド事件

 

 最後は海外の事件です。

 

この事件、オーストラリアでも最も謎の深い事件として、人々からの関心が高い事件らしいです。

 

これまで大規模な捜査が行われてきましたが、未だに真相は解明できていません。

 

この男が持っていた紙には「終わった」と書かれていたそうですが、一体何が「終わった」のでしょうか・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。