【都市伝説】実際にあった?「踊り狂う血まみれの女」の怖い話について

f:id:sumaapu0:20180706171749j:plain

 今回は、とある怖い話について考察した記事になります。

 

その話は、現実で起きた事件とリンクしているらしく、非常に不気味な話になっています。

 

 

踊り狂う血まみれの女

 

すっげー昔のガチ話な。

俺の実家はA県H市なんだけど、殺人事件があったんだ。

生まれる前だったんで人から聞いた話。

場所は映画館の近くにあるアパートの2階、犯人は小学生、金欲しさの犯行。

家主が外出した後忍びこみ、丁度帰宅したところで見つかったため台所の包丁で刺殺。

かなり酷い殺され方で当時は話題になったらしい

――それから数年後。

事件の記憶も薄れそこのアパートを不良高校生が借りていたんだ。

田舎の港町で気性の荒い連中が多い地域の不良達だから喧嘩、窃盗、シンナーは当たり前のような連中。

ある晩も集まって騒いでいた。

しかし、いつも以上に急に騒ぎ始めたので隣の住人が「シンナーでも吸ってんのか?」と思い、怒鳴りこんだらしい。

そして、隣の住人がドアを開け一歩踏み込んだ瞬間。

目にしたのは部屋の中で踊り狂う血まみれの女と、窓から飛び出していく不良の姿。

不良は大声をあげて逃げて行き、隣の住人は腰が抜けて動けなかったそうだが気が付いたそうだ。

その血まみれで踊り狂っているのはその部屋で数年前に殺された女性…。

その後、逃げ出した不良の一人が警察に連絡し大騒ぎになり新聞にも載ったそうだ。

 

ここまでは以前バイトしたときに聞いた話なんだが、俺に聞かせてくれた先輩がその時の不良の一人で詳細に話してくれた。

その晩、よく集まる仲間で麻雀を打っていたそうだ、絶対にシンナーは吸っていないし幻でもないと断言していた。

ちょっと盛り上がってきた深夜に、一人が急に「うあっ」と大声を上げ、周りの連中は「うるせーwww」「なんだよww急にwww」と囃し立てたが、大声を上げた男は真っ青な顔をしながら窓を指差し「幽霊だっ!!」と叫び、壁際に這いずりながら下がっていった。

それを見た他の連中も、半分つられて何気に窓を見ると、空中で女が踊っているのを目にしたそうだ。

「なんだあれ」「うあああああ」などと叫び大騒ぎになった瞬間、女が飛んで窓にへばりついてきたそうだ。

こうなるともうパニック以外形容しようがない状態で大騒ぎしていると、隣の住人が怒鳴りこんできた。

その瞬間、窓にへばりついていたはずの女は消え、玄関から入って来て部屋の中で踊り狂い、先輩と不良たちは窓から飛び降りて逃げたが、どこの道を走ったのかその後の記憶はないらしい。

気付いたら明け方近くで警察に事情聴取を受けていたそうだ。

何故この話を聞くことができたかと言うと、3~4年前に起きた一家殺して自殺という事件の犯人が、昔事件を起こした小学生で、報道を聞いて急に思い出したらしい。

俺に話してくれている時も、普段は血色の良い顔が青白くなって語っていたのが印象的だった。

探せば新聞記事とか出てくるかもしれん。

 

踊り狂う血まみれの女

 

 

 最後に書かれている通り、探して見ると簡単に見つけることができます。

 

場所は青森県八戸市です。

 

話では伏せ字となっていますが、(A県H市)一致しています。

 

肝心の事件ですが、2007年に起きた無理心中事件のことだと思われます。

 

(参考 八戸一家4人殺害)

 

犯人は確かに小学生の頃に一度、犯罪を犯しています。

 

恐らくこの事件で間違いないでしょう。

 

ちなみに小学生の頃の事件は週刊誌がバラした模様です。

 

当時の事件は氏名は公開されてないものの、実際にあった事件です。

 

(参考 http://hachinohe-konjaku.blogspot.com/2007/09/blog-post.html)

 

勘違いする人もいるかもしれませんので言っておきますが、話の中で出てきた女の幽霊は、心中事件を起こした犯人が、小学生の頃に起こした事件の被害者だと思われます。

考察

 

 さて、事件については実際にありましたが、幽霊は本当に出たのでしょうか?

 

いくつか説を立てて考えてみましょう。

 

・書き込み主は予め事件を知っていた説

 書き込んだ人は、もしかしたらこの事件を知っていて創作したのかもしれません。

 

当時、地元でも大騒ぎでしたので、地元民であればなおさら知っていてもおかしくないでしょう。

 

田舎の港町で気性の荒い連中が多い地域の不良達だから喧嘩、窃盗、シンナーは当たり前のような連中。

 

八戸市は、港町です。(特に事件が起きた場所は海に近い)

 

事件は昭和50年に起きています。

 

その頃は、マジでシンナーやってる不良が多かったみたいです。

 

地元の知り合いから聞いた情報なので確かだと思います。

 

このように、やけに八戸市に詳しい書き込みが見受けられるため、八戸民である可能性が高いです。

 

 事件のアパートで幽霊騒ぎ。警察が捜査する。新聞で報道される。

https://plaza.rakuten.co.jp/5tairiku/diary/200707070000/

 さらにこちらの一文。

 

この記事は2007年、心中事件が起きた年に書かれたもので、事件現場はすでに心霊スポットとして知られていた様子。

 

地元民であれば、噂くらい知っていてもおかしくないです。

 

つまり、心霊スポットの噂をそのままネットに書き込んだ可能性があるというわけです。

 

・パクリ説

 

 実はこの話、文体が違うものの、全く同じ話が投稿されています。

 

 

古い話なので多少間違ってるところがあるかもしれません。
昭和55年、高校生たちがとあるアパートの一室で麻雀をしていました。
1人が何気なく窓の外を見たら、女の人が長い髪を振り乱して踊っていました。
「えっ」と思ったそうです。
その部屋はアパートの二階、座った状態で見える窓の外は空中のはずです。
そう、女の人は空中で踊っていたのです。
みんな大騒ぎになりました。
次の瞬間、躍っていた女の人が飛んできて、その部屋の窓ガラスにへばり付きました。
それは血だらけの幽霊でした。
部屋の中の人たちはパニック状態に、

その頃、隣の部屋の住人は、隣が騒がしいので、
シンナーでもやって騒いでるんだろうと思い、その部屋に怒鳴り込んでいきました。
隣の部屋の住人がドアを開けぱっなしにして入ったため、幽霊が入ってきました。
何人かは窓から飛び降りて逃げました。
隣の住人は腰が抜けて動けません。
そして、その幽霊がダレなのかすぐに分かりました。

その幽霊は、数年前にその部屋で小学五年生の男の子に刺し殺された人でした。

部屋から逃げ出した一人が警察に通報して、警察も来て大騒ぎになったそうです。
次の日、新聞にその幽霊騒ぎが載ってました。

 

http://blog.livedoor.jp/orekowa/archives/52563392.html

 

冒頭に書いた話は、恐らく2011年、こちらが2007年投稿です。

 

恐らくこの話を見て、文体を変えて書き込んだのだと思われます。

 

ではこの話はどうなのかと言いますと、書き込みが7月、事件報道は6月なので、事件直後に書かれたものです。

 

このことから、同様に事件を知ってから書いた創作である可能性が高いと思います。

 

実際にアパート名やら心霊スポット情報を調べてみましたが、幽霊騒ぎが報道された事実は見つかりませんでした。

 

まとめ

 

 実際の事件とリンクしている系の話はよくありますが、こちらは犯人がすごい経歴を持っているので驚きました。

 

事件付近は確かに心霊話を聞いたことがあるので、もしかしたら何かしら出るのかもしれませんね。

【都市伝説】実際にあった?「踊り狂う血まみれの女」の怖い話について” に対して2件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    この話はつぶろさんの記事の中でも一番の大作な気がしますね。現実の事件と複雑にリンクしてて本当にあったと勘違いしてしまいます。

    1. thetuburo より:

      そういっていただけると嬉しいです・・・!
      実は現場に行ったことがあるのですが、特に何も感じませんでした・・・笑

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。