【心霊写真】岡田有希子で検索すると出てくる写真の真相を考察する【閲覧注意】

f:id:sumaapu0:20180513141300j:plain

 今回は、ネットでよく見る怖い画像の元を辿ってみようという記事です。

 

ネットでは、多くの「怖い画像」が存在しています。

 

その中でも異彩を放つ心霊写真があります。

 

岡田有希子で検索するとなぜかヒットしてしまうのですが、果たしてその写真に映っている女性が岡田有希子なのか・・・?

 

心霊写真

 

  まずは、心霊写真をご覧ください。

 

f:id:sumaapu0:20180627133632j:plain

 

http://toshi.ldblog.jp/archives/24999399.html

 

 怖い画像をよく見る方は、ご存知の方も多いでしょう。

 

右に赤い目の様な模様が映っています。

 

確かに、不気味な心霊写真なのですが、さらに怖いのが被写体の女性です。

 

影のせいかもしれませんが、頬がコケて見えて、生気を感じません。

 

噂では、岡田有希子が自殺する直前に取られたものという都心伝説も囁かれています。

 

確かに、似てるような・・・似てないような・・・。

 

この写真は一体どこからやってきたのか?

 

  それでは、真相を解明するために心霊写真の転載元を特定していきましょう。

 

実はこの写真、下部が切り取られて転載されています。

 

f:id:sumaapu0:20180627134356p:plain

http://www.nicovideo.jp/watch/sm19046541 (スクリーンショット

 

「 心霊写真の女の人GB」という動画から、それが分かります。

 

動画自体は、この女の人の部分を切り取ってMADにするという内容で、本題とは全く関係ありません。

 

さて、下部に書かれた文字をよく見ると、著作権表記だということが分かりますね。

 

若干欠けていますが、©佐藤有文・宗川という文字が読み取れます。

 

これを手がかりに、調べてみます。

 

心霊写真の真相

 

 佐藤有文という人物を検索すると、Wikipediaがヒットします。

 

 佐藤 有文は、日本の怪奇作家・オカルト研究者。秋田県大館市出身。父親は作家の佐藤鉄章。

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/佐藤有文

 

オカルト関係の本を出版されているようです。

 

見てみると、児童向けの本が多めですね。

 

しかし、心霊写真が載っているような本は見つけることができませんでした。

 

佐藤有文という人名の隣に、もうひとり宗川という名字が見えますね。

 

ということは、そちらの人物と共同で出版した本にヒントがあるのかもしれません。

 

二人の人名で検索すると、「これはすごい 日本の心霊写真集 あの世からの心霊ミステリー写真100」という本がヒットしました。

 

伊藤有文(監修)宗川円学(指導)と書かれていることから、この本が怪しいです。

 

さらに調べると、知恵袋でこのような質問が発見できました。

 

f:id:sumaapu0:20180627140342p:plain

 

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1082761935

スクリーンショット

 

(アルカポネってなんだよ)

 

実際に見てみないことには確定できませんが、この本でほぼ間違いないでしょう。

 

発行年月日が1985年ですから、岡田有希子さんが亡くなる前に出版されたものです。

 

よって、この心霊写真に纏わる噂はデマだということが分かります。

 

映っている目の様なものが、本物の霊の仕業かどうかは分かりませんが、被写体の女性が岡田有希子さんではないことは確かです。

 

この写真を岡田有希子さんの写真だと言うと、ファンの方からめちゃくちゃ怒られるのでやめましょう。

 

最後に、心霊写真自体はどうなのかという説を挙げていきます。

 

田代まさしのコラ説

 この写真に関して、某掲示板でたま~に見る説があります。

 

赤い目のようなものが、田代まさしの目を使ったコラであるという説です。

 

わざわざ田代まさしの目を使う意味が無いと思うので、この可能性は低いでしょう。

 

・ストラップが映っただけ

f:id:sumaapu0:20180627141549j:plain

出典 心霊写真の調査 | 調査レポート | ASIOS

 

心霊現象の調査を行っているASIOSさんからの引用です。

 

レンズにストラップ等が入り込むと、上記の写真のように写ります。

 

細い糸のようなものだと、透けて見える場合もあるそうです。

 

今回の心霊写真も異物が写り込んだだけの可能性が高いでしょう。

 

まとめ

 

  昔からこの写真の噂は知っていましたが、真相を調べてみると、よくある心霊雑誌に載せられていたものだということが判明しました。

 

噂の出処は分かりませんが、ネットで転載されてから噂が作られた可能性が高いのかなと思います。   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。