【都市伝説】転ぶと死ぬ村の夢

色々な人が見たことがあるという謎の夢。

以下のコピペ?が話題になり都市伝説と化したもので、「夢の中で転んでしまった人」からの証言がないという一文から夢で転んだ人は夢から帰ってくることがないとされている。

しかし、誰でも見たことがあるというが私自身も見たことがないし、書き込まれたコメントにも見たことがあるという人はごく少数。

おそらく初出は誰かの作り話と考えるのが妥当だろう。

『転んだら死んでしまう村』の夢を見たことがありますか?
これは共通夢といって、誰でも一生のうちに一度はみる夢だそうです。
ほとんどの人は夢を見てもその内容を忘れてしまうので、記憶に残ることは少ないですが、
この夢に関しては、全国から数多くの共通の証言が上がってます。

舞台は夕暮れ時の農村で、そこら中に青紫色に変色した死体が横たわっている。
しばらくすると、着物を着た数人の少女が近寄って来て、
「ここは転んだら死んでしまう村なんだよ」
と説明があった後、少女の中の一人が死体につまづいて転んでしまう。
少女は絶叫をあげながら、みるみる青紫色に変色していき、やがてピクリとも動かなくなる。

ここから先は内容に個人差があり、
「追いかけてくる少女たちからひたすら逃げ回った」
「少女に竹馬を渡された」
「何事もなく目が覚めた」
など、様々な証言がある。

しかし不思議なことに、『夢の中で転んでしまった人』からの証言は一つもない。

【都市伝説】転ぶと死ぬ村の夢” に対して2件のコメントがあります。

  1. ラクスマン より:

    こういう話がひどいのは、話を読むことで頭にイメージがこびりついてしまうことですね。猿夢やディスマンと同じ。読むことで回避不可能にしようという意図が感じられます。かしまさんみたいな自己責任系と同じですね

    1. thetuburo より:

      ですね。
      やっぱり、怖いと思った瞬間に脳に強く記憶されて夢に出てきてしまうんですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。