いつも見る奇妙な夢

現在進行形で悩んでいる話です。

8年程前、仕事の関係でとある集合住宅に訪問に行くことになりました。
職場から近かったにも関わらず、全く存在を知らなかった団地でした。立地はお世辞にも良くなく、急勾配の盆地にあり、後ろが林だったのを覚えています。
入居者も少なく、あまり生活感は感じられませんでした。
訪問自体は問題なく終え、部屋から退出しようとした時に、玄関左手に部屋があるのが見えました。物置状になっていて、様々なものが乱雑においてある中、真ん中に黒い仏壇がポツンとありました。
なんだか「みたくなかったな」と、その時感じました。

現在、その仕事からも土地からも離れ新しい生活を送っていますが、夢に悩まされています。

自分のアパートに、必ず知らない部屋が存在する夢です。
見つけた瞬間は「ラッキー!本棚置きたかったんだよね!!」と嬉しくなるのですが、ふとこの部屋をなんで使っていなかったのか…と思ったときに、入ってはいけない部屋だったから存在自体を無視していたんだ、と思い出して焦る。そんな夢です。

部屋にいる夢の時は、必ずここで目が覚めます。
いつも同じです。
アパートが変わっても、室内にいる夢は必ずこの終わり方をします。

必ず、自分の知らない嫌な部屋がある夢です。

投稿者 壱 様

こちらは怪談コンテストに応募された投稿です。怖いと思ったらぜひ投票してくださいね。

いつも見る奇妙な夢” に対して1件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    自分も10年近く何度も同じ夢見るから不安な気持ちがよくわかります

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。