むつ小川原コイン・真相を考察

以前YouTubeで情報提供を呼びかけていた「謎のコイン」について、コメントを頂いたので、今回はそちらを交えながらコインについて考察していきたいと思います。

動画の方もよろしくお願いします!

むつ小川原コイン

コインの名前は「むつ小川原国家石油備蓄基地開発事業記念メダル」

むつ市にある、石油備蓄基地が設立されることになり、この記念で作成されたメダルだと思われます。

コインには「千円」と書かれており、コインというよりは記念硬貨だと思います。

貨幣としては認められていますので、支払いに使えます。

ところが、この不思議なコイン、一体どこで誰が発行したのかを調べるためにメディアサイトで財務省に問い合わせを行ったところ「貨幣ではない」という回答が返ってきています。

また、造幣局でも「発行の記録がない」という回答が返ってきており、いわゆる記念硬貨ではないことをが明らかになりました。

このコイン、自衛隊の駐屯地でセールスが販売していたという証言も出ており、1000円で購入したものだそうです。

「千円」と刻印するのは通貨偽造にあたる可能性が高く、悪質な業者の仕業だと考えられますが、未だに真相は不明のままです。

考察

さて、それでは頂いたコメントをご紹介します。

このコインは恐らく、中国で作られたのではないかとのことでした。

それはコインのデザインからわかります。

まず、むつコインの特徴を上げてみると、直径は40mm、コインの側面のエッジは甘く、角に丸みがあります。

そして、表面がなめらかです。

対して、大手のメダルメーカーの特徴と比較してみましょう。

「茶平工業」は直径38mmのメダルなので、違います。

「松本徽章工業」はデザインは一見似ていますが、ギザギザの部分が決定的に異なりました。


「松本徽章工業」のメダルにはギザがあるものは存在しないのです。

その他、この方が知りうる業者を見ても、特徴は合致しなかったそうです。

しかし、中国の業者ですと特徴が一致しています。

1900年代の中国硬貨は直径が40mm前後、そしてギザがあるデザインが多いです。

そのせいか、中国の記念メダルもそのようなデザインになっています。

このことから、中国の業者に委託した可能性が高いのでは、とのことでした。

中国業者にわざわざ委託した理由は、冒頭でお話した「千円」の刻印に関係していると思われます。

このコインが購入されたのは昭和35年頃、当時の自衛隊の給料は1万円。

大卒の初任給が13000円ほどです。

当時にしてみれば、1000円のコインはかなり高額ですよね。

ただの記念コインをこの値段で売るとは考えられません。

「千円」の価値があるように刻印を刻み、記念硬貨とすることでこの値段でも売れたのでしょう。

ちなみに金メッキを貼っただけなので、そんな価値はありません。

この為、記念硬貨を偽装するために、日本の業者ではなく中国の業者に委託したのでしょう。

むつ小川原コイン・真相を考察” に対して1件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    昭和35年は無理があるんじゃない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。