しあわせの花と謎のサイト 真相を考察

今回は、ツイッターで頂いた調査依頼「しあわせの花」と「謎のサイト」を調査していこうと思います。

しあわせの花

しあわせの花というのは福井県坂井市のテーマソングPVのことなんですね。

YouTubeに坂井市公式からアップロードされている動画なんですが、このpvのワンシーンにちょっと不気味なシーンがあるというんです。

いつも楽しく拝見しています! 早速調査してほしい依頼があるのですが、YouTubeにアップされている福井県坂井市の公式の動画です。(https://youtu.be/w64xJUIzxFw)つい先日某まとめブログでまとめられていたのでtheつぶろさんもご存知かもしれません。内容は市の歌を色んな人が歌っているシンプルな動画なのですが、1:20秒からのカットで真ん中上に立っている赤いチェックシャツを着ている男性の後ろに人間らしき?姿が映っています。立ち方とか映り方が異様でスタッフ等には見えません。お時間ありました調査の方お願いします!

こちらの動画の1分20秒当たりから見てみてください。

男性の背後に人影があります。

公式の動画に写っちゃってるということで少し話題になっているみたいですね。

そして、この撮影場所が「東尋坊」ということで本物の幽霊なんじゃないかって話になっています。

場所も場所ですし、公式pvに写っちゃったというのも今までで何件か同じ動画があるのでちょっとワクワクしますね。

考察

もう少し動画を見てみると、しっかり「足」が写っていることが確認できます。

でもこんな場所にスタッフがいる必要があるのかって話ですよね。

正直このシーンだけでは、判断がつきませんね。

動画を少し進めてみると、別のアングルからの映像がありました。

スタッフさん滅茶苦茶いますね。

一番左にいる赤い服を着た人の後ろに人がいると思われるんですが、こっちのアングルだと女の人が隣にいます。

人数と服装から、最初のシーンと確認してみたんですがこっちのアングルだと確認できない人が何人かいます。

赤い服の隣にいる女性が、後ろに隠れている人かは定かではないですが、服の色的に可能性はありそうです。

では、なぜ後ろに隠れる必要があったのかという話ですよね。

個人的には、スタッフである可能性が最も高いと思います。

そんなところに立つなよって感じですが、逆にみんな撮影に集中しているので何かあったときために

崖際の人を助けられるようにいるのかなと思います。

もう少し場所はなかったのかとも思いますが、市のちょっとした紹介映像なのでそこまでクオリティを求めること自体間違いかなと思います。

それにしても、毎回公式映像に映り込む「何か」ってちょっと不気味ですね。

謎のサイト

こちらも、ツイッターで頂いた調査依頼になります。

何かを買うサイト?ということくらいしかわからないサイトで、知り合い全員が意味不明と話すそうです。

こちらのサイトを調査していきましょう。

問題のサイトがこちらです。

https://www.takethislollipop.com/info

真っ暗な背景に、チケットは無効です。というような表記があります。

そして、チケットの購入ボタンらしきものがあります。

クリックしたらやばそうな雰囲気がプンプンしますね。

こちらのサイトを調べてみると、以下のように出てきました。

英語から翻訳-Take This Lollipopは、ジェイソン・ザダが脚本と監督を務めた2011年のインタラクティブホラー短編映画とFacebookアプリです。 Facebook Connectアプリケーションを使用して、自分のFacebookプロファイルからの写真やメッセージを使用して、視聴者自身を映画に引き込みます。

どうやら、カメラをつないでホラーを体験できるゲームのサイトのようです。

こちらにプレイ動画がありました。ディープフェイクを利用したウェブカメラホラーゲームです。

それを踏まえて、こちらのサイト見てみましょう。

ゲームに参加するチケットを購入することのできるサイトに繋がります。

ちゃんと説明書きもされていますね。

ロリポップは、ウェブカムを使ったインタラクティブなビデオ・エンターテインメント体験です。
ウェブカムを使ったインタラクティブな映像エンターテイメントです。

1.5ドルくらいでチケット購入できるみたいなので、気になる方は試してみては…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。